beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する「インハイ予選で是非見たかった11傑」vol.2

このエントリーをはてなブックマークに追加

森田氏が注目する左SB小倉慶士(神戸弘陵高)。(写真協力=高校サッカー年鑑)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『インハイ予選で是非見たかった11傑』」

 新型コロナウィルス感染症の影響によって、インターハイ(令和2年度全国高校総体)が中止に。ユース取材ライター陣の協力による「インハイ予選で是非見たかった11傑」第2回は、関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田氏「『高校3年生になると、一気に伸びた』という言葉は、高校サッカーを取材していると監督、選手からよく聞かれます。今まで以上に全力を出せるようになったから、精神的に大人になったからなど、伸びた要因は人それぞれですが、共通して言えるのは卒業までのカウントダウンが始まり、後悔を残したくないという気持ちではないでしょうか。今年の3年生も例外ではなく、昨年より逞しくなった選手、これからグンと伸びそうな予感が漂う選手がたくさんいます。そうした選手の中でも、特に今後に注目したい選手をピックアップしました。インターハイの分まで、リーグ戦や選手権予選で暴れてくれるであろう選手ばかりです」

以下、森田氏が推薦する11名

GK梶原駿哉(長崎総合科学大附高3年)
187cmの身長を活かしたハイボールの強さが魅力で、昨年はポテンシャルの高さを買われて控え選手ながらU-16日本代表候補に選出。当時は気持ちの甘さが感じられたが、選手権を経験してからは主力としての自覚が高まり、今年はビッグセーブが増加。貫禄ある姿でゴールマウスに鍵をかける。

DF勝又大翔(富士市立高3年)
対人とヘディングの強さが目を惹くCBだが、高校入学後は足元の技術も高まっており、昨年の国体選抜では右SBとしてプレー。タイミング良くサイドを駆け上がり、クロスを上げるなど攻撃力の高さを見せつけ、日本一に貢献した。中でも外でもこなせる器用さも含め、今後が楽しみな選手だ。

DF高木翔理(聖和学園高3年)
テクニカルなサッカーが魅力のチームだが、今年は守備陣の充実ぶりも見逃せない。軸となる高木はカバーリングが目を惹くCBだが、最大の持ち味は攻撃力で「相手を翻弄するくらい仕掛けていきたい」と話す。積極的に最終ラインからドリブルを仕掛け、攻撃の起点として機能する。

DF川前陽斗(飯塚高3年)
スピードを備えた大型DFとして、注目されているプレーヤー。足元の技術も一定以上で、飯塚が繰り出す徹底したポゼッションスタイルを最終ラインから支える。現在はチーム事情により、CBを務めるが、左足も器用に扱えるため、左SBとして複数のJクラブが注目している。

DF小倉慶士(神戸弘陵高3年)
中盤出身とあり、攻撃性能が高くビルドアップに関与しながら、前方に顔を出せる攻撃的な左SB。179cmの高身長も魅力で、将来性の高さも含めて西日本屈指と言っても過言ではない。谷純一監督も「今年グッと伸びる可能性が高い」と期待を寄せる選手だ。

MF山田和樹(立正大淞南高3年)
兄の祐樹(現・びわこ成蹊スポーツ大)も一昨年まで淞南のCBとして活躍。「祐樹を見て育ったので、自然と予測能力が高くなった」と話す弟は兄譲りの能力を発揮し、3列目でこぼれ球を拾い続ける。「絶対に中心選手になる!という気持ちで頑張りたい」と意気込む今年は肉体強化に励み、更なる高みを目指す。

MF森喜大(九州国際大付高3年)
今年のチームは、入学時から「弱い代」と評されてきたが、2月の九州新人大会では堂々の準優勝。立役者となったのは主将を務めるアンカーの森で、身体を張ったボールハントからの前線への関与が光る。貴重価値が高まっているロングパスの出し手としても今年は注目されそうだ。

MF飯田晃明(丸岡高3年)
競り合いに強く、CBもこなせる守備的なボランチだ。2度の全国大会を経験した昨年は、運動量がアップしたことで攻撃への関与が増加。自信を覗かせる3列目からのロングパスで攻撃の局面を変えながら、ゴール前の局面にも顔を出し、迫力十分なアタックを支える。

MF山本隼大(名古屋高3年)
ブラジル代表のネイマールに憧れるドリブラーで、サイドでボールを持った時の切れ味が売り。相手との駆け引きが上手く、一気にドリブルのギアを上げて、DFを置き去りにする仕掛けは簡単に止められない。2月の県新人戦で見せた働きぶりは、山田武久監督が絶賛するほどで活動再開後は名の知れた存在になるだろう。

FW横山歩夢(東海大高輪台高3年)
「自分の特徴はスピード。多少、(相手より)遅れても自分の速さなら追いつける」と自信を覗かせるスピードスター。50mを5秒台で走る速さを活かした飛び出しはもちろん、推進力溢れる突破で相手ゴールへと迫る積極的な仕掛けも持ち味だ。

FW西野太陽(京都橘高3年)
180cm近い上背に加え、スピードも一定以上。相手との駆け引きからタイミング良くスペースを抜け出し、ゴールネットを揺らす点取り屋だ。「(米澤一成)監督から『守備も攻撃も中心になるくらいの気持ちでやれ』と言われているので、中心選手としての自覚がついてきた」今年はプレーの力強さが増しており、ブレイクの予感が漂う。

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。

▼関連リンク
●【特設】高校総体2020

TOP