beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2023年の女子W杯開催国は6月25日に決定…日本は初のホスト国となるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2023年に行われる「2023FIFA女子ワールドカップ」のホスト国は、6月25日に決まるようだ。

 FIFA(国際サッカー連盟)は15日、2023年の女子ワールドカップ(W杯)について、開催国を6月25日に発表すると明らかにした。

 当初のところ、6月中にエチオピアのアジスアベバでの評議会を開催国を決定する予定となっていたが、新型コロナウイルスの感染防止の観点から同イベントは中止に。そのかわりFIFAは理事会メンバーによるオンライン会議&投票を行い、W杯のホスト国が決まるようだ。FIFAはこう伝えている。

「ホスト国を決める投票はFIFA理事会で行われる。各投票の結果、メンバーの関連投票などはFIFA.comで公開される」

 すでに開催地の立候補は締め切られており、オーストラリア&ニュージーランド(2カ国共同開催)、ブラジル、コロンビア、そして日本の4エリアが最終候補となった。

 また、女子W杯は2023年大会から本戦参加国が「24」から「32」へ拡大されるため、ホスト国としての大会運営能力もより問われることになる。2023年、女子サッカー最高峰の舞台が日本で開催されるのかどうか、その動向は大きく注目を集めることになりそうだ。
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP