beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プレミアリーグが2度目の新型コロナ一斉検査、新たに2人が陽性

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プレミアリーグは23日、選手とスタッフを対象とした2度目の検査を実施し、2クラブの2人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。氏名などは非公表。対象者は今後、7日間の隔離措置を行うという。

 プレミアリーグ在籍クラブは現在、人数を限定してのグループ練習を行う傍ら、全体練習の再開に向けて選手・スタッフの一斉検査を行っている。今月19日までに実施した最初の検査では3クラブの6人から陽性反応が判明していた。

 最初の検査は748人が対象。2度目の検査では初回で陰性だった742人に加え、新たに254人が検査対象となった。各クラブ40人から50人に検査体制を拡充したという。この結果、リーグ内で見つかった陽性者は計8人となった。

 リーグは公式サイトを通じて「大会の完全性と透明性を目的とし、集約した情報を開示している。クラブまたは個人に関する詳細は提供しておらず、結果は回数ごとに公開される」と声明を発表。陽性者の所属クラブや氏名は非公表としている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP