beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チェルシーMFジョルジーニョに2つのビッグクラブがオファー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 チェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョの去就が注目されている。現在、2つのビッグクラブからオファーが届いているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。

 ナポリで評価を高めたジョルジーニョは、2018年夏にマウリツィオ・サッリ監督と共にチェルシー入り。2018-19シーズンに公式戦54試合に出場し、サッリ体制からフランク・ランパード体制に変わった今季もここまで公式戦37試合で7ゴールを挙げるなど、定位置を確保している。

 一方で、ジョルジーニョにはサッリ監督が就任したユベントス移籍のうわさも伝えられている。ジョルジーニョの代理人を務めるジョアン・サントス氏は、『Radio Musica』で選手の去就について言及。オファー次第で移籍する可能性を否定しなかった。

「サッリはジョルジーニョのことが好きなのかと問われれば、私は『イエス』と答える。二人のこれまでの歴史を見ればそうだろう」

「今現在は誰とも接触してないから、移籍市場での動きに何かを言うことはできない。ジョルジーニョはチェルシーとの契約を3年残している。チェルシーでうまくやれているね。ただ、大きなオファーが届けば移籍は起こり得る」

「それで言えば、欧州の2つのビッグクラブから連絡があった。一つはイタリアで、もう一つは違う国だ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP