beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮U18GKジョーンズ・レイが目指すのは、真の国際派ゴールキーパー

このエントリーをはてなブックマークに追加

大宮アルディージャU18の守護神、ジョーンズ・レイ(写真協力=大宮アルディージャ)

[2020シーズンへ向けて](※大宮アルディージャの協力により、オンライン取材をさせて頂いています)

 より広い世界を覗いたことで、より高いステージへと辿り着きたい気持ちは強くなった。そして、その先にはさらに目指すべき大海が広がっていることも、きっともう分かっている。「トップの選手は凄く個を出して、『自分が何とかする』だったり、『チームのために』という気持ちが強いと知って、前よりプロへの想いが強くなりました」。大宮アルディージャU18の万能型守護神。ジョーンズ・レイ(3年)は、国際派ゴールキーパーの道のりを少しずつ歩み出している。

 忘れられない2試合がある。チームとして2年ぶりの復帰となった、昨シーズンの高円宮杯プレミアリーグEAST。開幕からベンチを温めてきたジョーンズに、ようやくスタメンの出番が訪れる。第7節の柏レイソルU-18戦は、練習から慣れ親しんでいるホームの志木。「チームの状況もあまり良くない中でキーパーが自分に変わったので、スタメン定着する気持ちで臨んだ」試合だったが、結果は0-2で完敗。第7節の尚志高戦も続けてゴールマウスに立ちながら、4失点を奪われてまたも敗戦を喫すると、そこから最終節まで出場機会は一度も訪れなかった。

「自分がベンチから見ていて、想う所はいっぱいあったんですけど、ピッチに立ってみると、なかなか通用しない部分があったりして、プレミアの1つの試合で勝ち点1を拾うのも難しいことを凄く実感しましたし、『チャンスを掴めなかったな』と感じました」。期待に応えられない不甲斐なさが、何ともやるせなかった。

 それを機に考えたことは、“スーパーセーブ”の重要性だ。「アラさん(荒谷弘樹GKコーチ)とも話したのは、試合中に何本か相手のビッグチャンスがあった時、そこでの“スーパーセーブ”が少なかったんです。だから、あの2試合の後は練習でシュートもどんどん打ってもらって、それに対していろいろなバリエーションから受けたことで、安定したプレーは少しずつ出てきていると思います」。味方も乗せてしまうような、ここぞという時の1本を出すことが、今年の大きな目標として常に頭の中にある。

 卒業した“ライバル”の存在も語り落とせない。昨シーズン、ジョーンズがベンチへ入った試合に、すべて出場していたのが1つ上の久保賢也(現・明治大)だ。ジュニア時代から常に1つのイスを争ってきただけあって、彼には特別な感情を抱いている。「ジュニアから賢也がずっと出ていて、ジュニアユースも自分はずっとベンチで、全然試合に絡めなかったんです。でも、ずっとライバルの賢也を追いかけてきたことで、成長できたと思います」。“ライバル”と競い合った日々の意味を証明することも、今シーズンの彼に課された大きな命題だ。

 この春には2種登録が完了。1週間ほどトップチームの練習に参加し、大きな刺激を得た。特に印象に残ったのは、1つ1つのプレーに対する“想い”の部分だったという。「キーパーのみなさんは目の前で見て『シュートへの球際の迫力が違うな』と感じましたし、フィールドの選手はみんな走るし、声を出していて。酒井(宣福)選手はフィジカルも強いんですけど、対人の時に自分にも声を掛けてくれたりして、トップの選手は凄く個を出して、『自分が何とかする』だったり、『チームのために』という気持ちが強いと知って、前よりプロへの想いが強くなりました」。ぼんやりとしていた“プロ”のイメージが、一気に明確になった。

 加えて、あるピッチ外での出来事が、ジョーンズに新たな気付きを与えてくれる。「通訳の方から『英語喋れるの?』って聞かれて、『喋れないんです』って答えたら『もったいないよ』って言われて。それから喋りたいなと感じていた中で、イッペイ・シノヅカ選手が外国籍選手とゴハンを食べたり、英語で喋っているのを見て、『自分も外国籍選手と通訳なしで直接話してみたい!』と思いました」。

 現在はアメリカ人の父に、“実地試験”を試みている。「自分がこの前勉強した所を、お父さんに合っているかどうか話し掛けてみたら、発音を訂正されました(笑) でも、話していると『こんなこと言ってるのかな?』と少しずつ分かったりする部分もあって、今トライしています」。そう言って笑う姿は、高校生そのものでなかなかかわいらしい。

「ビルドアップだったり、ポイントへサイドボレーで蹴ったり、自分からチャンスを作ることは得意としているので、強みはキックだと思います」と自ら言い切るように、足元には絶対的な自信を持つ。前述の柏U-18戦でも、そのキック力と正確なパス精度は十分にプレミアレベルでも通用していた。参考にしているのはマンチェスター・シティのエデルソン。世界最高峰のGKをイメージの片隅に置きつつ、活動再開に向けてイメージを膨らませている。

 今年の3年生は、ジュニア時代から大きな期待を掛けられてきた世代。先行きはまだ不透明ではあるが、ジョーンズは力強くここからの目標を口にする。「チームとしては三冠を目指しているので、再開した時にはそれに向けて、チームとして一体感を持ってやっていきたいです。個人としては、キーパーチームで話し合って、『リーグ戦最少失点で優勝する』と決めたので、お互いに切磋琢磨していきたいですし、もちろんトップに昇格することが一番の目標なので、頑張っていきたいと思います」。

 NACK5スタジアム大宮で、オレンジ色のサポーターをバックにゴールを守る日が待ち遠しい。大宮アルディージャU18の守護神を務めるジョーンズ・レイは、英語も駆使する国際派ゴールキーパーの道のりを少しずつ歩み出している。

■執筆者紹介:
土屋雅史
「(株)ジェイ・スポーツに勤務。群馬県立高崎高3年時にはインターハイで全国ベスト8に入り、大会優秀選手に選出。著書に「メッシはマラドーナを超えられるか」(亘崇詞氏との共著・中公新書ラクレ)。」

▼関連リンク
SEVENDAYS FOOTBALLDAY by 土屋雅史

TOP