beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

R・マドリー、無観客のホームゲームはベルナベウ不使用へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンティアゴ・ベルナベウ

 レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が今季の残りリーグ戦でサンティアゴ・ベルナベウを使用しない方針を明かしたようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

 リーガ・エスパニョーラは6月11日に再開予定。無観客での開催が決まっており、満員のサポーターを前にプレーすることはできない。そうした中、R・マドリーはホームゲーム開催にあたってカスティージャ(セカンドチーム)が使用しているアルフレッド・ディ・ステファノ・スタジアム(収容人数6000人)を活用する見込みだ。

 記事によると、ペレス会長は「この決定により、サンディアゴ・ベルナベウ・スタジアムの工事を進めることができる」と説明。同スタジアムでは2022年夏までの間、コンサート時などに使用する格納式ピッチ、可動式の屋根などさまざまな新設備の工事が進められていたが、完了が前倒しになるという。

 スペイン紙『マルカ』などによると、リーグ側はすでにアルフレッド・ディ・ステファノ・スタジアムでホームゲームを開催することを許可。チームは新たなピッチに慣れるため、週に1度のペースで同地に赴いてトレーニングを行っている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP