beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイ広島県代表成績_広島観音が市船以来の初出場初優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

06年大会は広島観音高が初出場初優勝。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2000~2009年のインターハイ広島県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ広島県代表の成績では、06年大会で広島観音高が初出場初優勝の快挙を成し遂げている。初出場初優勝は87年大会の市立船橋高(千葉)以来。広島観音はMF川上真吾(→広島大)の先制点などによって東邦高(愛知1)との初陣を制すと、2回戦で上田高(長野)、3回戦では岐阜工高(岐阜)にそれぞれ2-0で勝利する。準々決勝は2年生FW左山駿介(→順天堂大)の2得点によって東海大五高(福岡)を2-1で撃破。準決勝はFKからDF代健司主将(元愛媛、現テゲバジャーロ宮崎)が決めた1点を守り、真岡高(栃木)を1-0で退けた。そして、初芝橋本高(和歌山)との決勝では大会得点王の左山が再び2得点。2年生GK中島啓太(→明治大)や代を中心に今大会5試合目となる無失点勝利を収めて2-0で頂点に立った。なお、連覇を目指した翌年は、初戦で神村学園高(鹿児島)に0-1で敗れている。

 この10年間、広島皆実高がインターハイに5度出場している。選手権で全国制覇した08年度は、初戦で刈谷高(愛知2)と対戦。退場者を出したものの、DF松岡祐介主将(→明治大)やMF井林章(現広島)を中心に得点を許さず、2-0で勝利した。2回戦でも2点を先取したが、大分鶴崎高(大分)に逆転負けした。DF石川喬穂(元町田)が3年生だった09年大会の1回戦では、14人目までもつれ込むPK戦の末、名東高(愛知2)に勝利。だが、2回戦で那覇西高(沖縄)に敗れた。

 森重真人(現FC東京)が3年時だった05年大会も1勝。札幌東高(北海道2)との初戦で森重が2ゴールを挙げるなど6-0で快勝した。だが、続く桐蔭学園高(神奈川2)戦を0-1で落とし、2回戦敗退に終わっている。04年大会は森重が大会優秀選手に選出されたものの、初戦でPK戦敗退。DF木村允彦(元岡山)やDF吉弘充志(元広島)を擁した02年大会も初戦で敗退している。

 00年大会は広島、山形などでプレーしているDF西河翔吾を擁した市立沼田高が8年ぶりに出場。国見高(長崎)との初戦はMF大久保嘉人(現東京V)に2ゴールを許して0-2で敗れた。翌01年大会は広島朝鮮高が初出場。DF崔遠哲を中心とした守りで日章学園高(宮崎)に食い下がったが、0-1で敗れた。03年大会はDF市川裕太(三菱自動車水島FC)を擁した山陽高が全国へ。初戦で島原商高(長崎2)と戦い、2-2で突入したPK戦の末に敗れている。

以下、00~09年のインターハイ広島県代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
代表校:広島皆実高(11)
1回戦 1-1(PK13-12)名東高(愛知2)
2回戦 0-1 那覇西高(沖縄)

[2008年]
代表校:広島皆実高(10)
1回戦 2-0 刈谷高(愛知2)
2回戦 2-3 大分鶴崎高(大分)

[2007年]
代表校:広島観音高(2)
2回戦 0-1 神村学園高(鹿児島)

[2006年]
代表校:広島観音高(初)
1回戦 2-0 東邦高(愛知1)
2回戦 2-0 上田高(長野)
3回戦 2-0 岐阜工高(岐阜)
準々決勝 2-1 東海大五高(福岡)
準決勝 1-0 真岡高(栃木)
決勝 2-0 初芝橋本高(和歌山)

[2005年]
代表校:広島皆実高(9)
1回戦 6-0 札幌東高(北海道2)
2回戦 0-1 桐蔭学園高(神奈川2)

[2004年]
代表校:広島皆実高(8)
1回戦 0-0(PK2-4)草津東高(滋賀)

[2003年]
代表校:山陽高(3)
1回戦 2-2(PK7-8)島原商高(長崎2)

[2002年]
代表校:広島皆実高(7)
1回戦 1-2 金光大阪高(大阪1)

[2001年]
代表校:広島朝鮮高(初)
1回戦 0-1 日章学園高(宮崎)

[2000年]
代表校:市立沼田高(2)
2回戦 0-2 国見高(長崎)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP