beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

湘南、立正大主将MF平松昇の来季加入を発表「感謝の気持ちを湘南で体現」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF平松昇が来季湘南へ

 湘南ベルマーレは5日、立正大MF平松昇(21)の来季加入が内定したことを発表した。

 立正大は昨季初の1部リーグ挑戦を果たし、3位フィニッシュ。夏は総理大臣杯に、冬も全日本大学選手権に初出場した。平松は主力として活躍し、今季は主将を務めている。クラブ公式サイトでは、平松について「ボールに絡む回数が多く、左足から数多くのチャンスを創り出すことのできる選手。また自らも積極的にゴールを目指せる」と紹介している。

 また公式サイトを通じ、平松は「幼い頃から追い続けた、プロサッカー選手になるという夢を実現することができ大変嬉しく思います」とコメント。「今まで支えてくれた家族や私に関わる全ての方々への感謝の気持ちを、湘南ベルマーレという素晴らしいクラブで体現していきます」と意気込みを伝えている。

以下、プロフィール
●MF平松昇
(ひらまつ・しょう)
■生年月日
1998年11月26日(21歳)
■身長/体重
167cm/64kg
■出身地
静岡県島田市
■経歴
島田第一サッカースポーツ少年団-清水Jr.ユース-清水ユース-立正大

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP