beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年以降のインハイ大分県代表成績_MF重見、FW菊地ら擁した大分が16強、現山形FW小野田は柳ヶ浦で活躍

このエントリーをはてなブックマークに追加

19年大会の大分高はMF重見征斗らの活躍で全国2勝。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2010年以降のインターハイ大分県代表校成績]

 2010年以降のインターハイ大分県代表はベスト16が最高成績となっている。これは19年大会で大分高が記録。司令塔のMF重見征斗(現福岡大)や突破力秀でたFW菊地孔明(現関西大)、MF永松恭聖(現鹿屋体育大)ら好選手を擁していた大分は、2年生FW堤聖司の2ゴールによって近江高(滋賀)との初戦を2-0で勝利する。続く2回戦は、後半終了間際に菊地が決勝点を挙げて韮崎高(山梨)を1-0で振り切った。高い技術力と切り替えの速い攻守、ゴール前での粘り強さを発揮する大分は徳島市立高(徳島)との3回戦でも得点を許さず。だが、相手GKの好守に阻まれるなど1点を奪うことができず、0-0からのPK戦の末、敗退した。

 大分は11、12、15、18年大会にも出場。15年大会は2年生MF永松涼介(現日本文理大)の2ゴールと2年生MF工藤駿(現日本文理大)のゴールによって西武文理高(埼玉2)に3-0で快勝。だが、2回戦では大津高(熊本)に3点を先行されて1-3で敗れた。DF清家俊(元ヴェルスパ大分)、FW佐保昂兵衛(現Cento Cuore HARIMA、元八戸)らを擁して全国高校選手権で3位に入っている11年のチームは初戦で丸岡高(福井)と対戦。清家が同点ゴールを決めたが、突き放されて1-4で敗れた。翌12年大会は神戸科学技術高(兵庫)に逆転負け。18年大会は注目MF山口卓斗(現鹿屋体育大)中心に戦ったが、関西大北陽高(大阪1)に0-1で競り負けている。

 柳ヶ浦高はエースFW小野田将人(現山形)を擁した14年大会で初出場。小野田とFW崎元大輔(→東京国際大)のゴールによって駒大苫小牧高(北海道1)に2-1で勝利する。2回戦でも小野田が前橋育英高(群馬)からゴールを奪ったが、1-2で惜敗。17年大会は1年生のFW芝崎翼が10番を背負って2度目の出場。旭川実高(北海道2)に0-5で敗れた。

 13年大会は大分西高が初出場。名古屋高(愛知1)との初出場対決は0-0でPK戦となったが、これを3-1で制して初白星を挙げている。続く2回戦もGK高橋拓至の好守、2年生FW河邉駿太郎(→明治大)を中心とした速攻で富山一高(富山)に食い下がったが、0-1で惜敗している。

 10年大会は大分鶴崎高が初戦で優勝校・市立船橋高(千葉2)と対戦。FW福原元希や2年生MF阿部功兵(→桃山学院大)中心にゴールを目指したが、0-1で惜敗した。16年大会はMF佐藤剛主将や2年生FW後藤文太(→日本文理大)を擁した中津東高が7年ぶりに出場。だが、昌平高(埼玉1)の猛攻を食い止めることができず、初戦敗退に終わっている。

以下、10年以降のインターハイ大分県代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:大分高(12)
1回戦 2-0 近江高(滋賀)
2回戦 1-0 韮崎高(山梨)
3回戦 0-0(PK7-8)徳島市立高(徳島)

[2018年]
代表校:大分高(11)
1回戦 0-1 関西大北陽高(大阪1)

[2017年]
代表校:柳ヶ浦高(2)
1回戦 0-5 旭川実高(北海道2)

[2016年]
代表校:中津東高(2)
1回戦 0-5 昌平高(埼玉1)

[2015年]
代表校:大分高(10)
1回戦 3-0 西武文理高(埼玉2)
2回戦 1-3 大津高(熊本)

[2014年]
代表校:柳ヶ浦高(初)
1回戦 2-1 駒大苫小牧高(北海道1)
2回戦 1-2 前橋育英高(群馬)

[2013年]
代表校:大分西高(初)
1回戦 0-0(PK3-1)名古屋高(愛知1)
2回戦 0-1 富山一高(富山)

[2012年]
代表校:大分高(9)
1回戦 1-3 神戸科学技術高(兵庫)

[2011年]
代表校:大分高(8)
1回戦 1-4 丸岡高(福井)

[2010年]
代表校:大分鶴崎高(4)
2回戦 0-1 市立船橋高(千葉2)

現山形のFW小野田将人柳ヶ浦高のエースとして出場し、全国で2ゴール。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP