beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「彼は突然泣き出した」…バルサ時代の久保を知るビラ氏「ここ10年でクラブ最大の過ち」「彼はすぐ世界一になれる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季はマジョルカにレンタル中のMF久保建英

 バルセロナのテクニカルディレクターとしてMF久保建英の才能を見出した1人であるジョアン・ビラ氏が、現マジョルカ選手の状況をスペイン『アス』のインタビューで語った。ビラ氏は、バルセロナが久保を引き留める気がないことに気づいた時、同選手が泣き出してしまったと明かし、またレアル・マドリーに獲得を許したのは大きな間違いだったとも認めている。

 久保は2011年にバルセロナの下部組織に入団し、“日本のメッシ”として注目を集めていた。しかし、クラブがFIFAから18歳未満の外国人選手獲得・登録違反による制裁を受け、公式戦の出場停止処分が続いたことで、2015年に日本へ帰国してFC東京の下部組織に加入。そして昨年夏にレアルへ移籍すると、今季はマジョルカに期限付き移籍し、スペインで日に日に評価を高めている。ビラ氏は久保のバルセロナ加入とその後の退団に関して次のように話した。

「ここのコーチであるオスカル・エルナンデスが、2009年に日本のある選手について報告をした。彼は非常に知的で素晴らしい才能を持った選手を見つけたと説明していた。タケはバルセロナが彼に賭けていなかったこと、そして彼にオファーを出していないことに気づいた時、急に泣き出してしまった」

 ビラ氏は「バルセロナは契約しなかったことを後悔している?」という質問に「そうだね。ここ10年でクラブが犯した最大の過ちの1つだ。久保を退団させてしまい、レアル・マドリーの銀の大皿に乗せてしまったことを大いに後悔するだろう」と答え、さらに「バルセロナのようなクラブにふさわしくないミスだ。このような若い才能のある選手を手放すことは非常に深刻なことだが、それが市場で求められるアタッカーであればなおさらだ」と続けている。

 バルセロナで久保のプレーを見られないのは「本当に無力感を覚える」というビラ氏だが、現在も久保の動向を注視しているという。「物事は常に改善されなければならない。DFとの対決のためにフィジカルと体力をつける必要がある。しかし、すでに彼は全ての動作において非常に勇敢で、決断力のある選手だ。彼は何も恐れていない。ただ、少し身体能力が不足している。あまり背が高くないからね。だが、それ以外の点では、彼はとても優秀な選手だ。その才能とインテリジェンスがあれば、すぐに世界で一番になれる」と太鼓判を押した。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP