beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保建英が3アシストの大活躍!! 降格圏マジョルカ、17位との直接対決で望みつなぐ再開後初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

マジョルカMF久保建英

[6.30 リーガ・エスパニョーラ第33節 マジョルカ5-1セルタ]

 リーガ・エスパニョーラは6月30日、第33節を各地で行い、MF久保建英所属のマジョルカセルタを5-1で破った。再開後の過密日程で5試合連続先発の久保が、チームを救う3アシストの大活躍。17位と18位の直接対決を制して再開後初勝利を飾り、残留圏内との勝ち点差が5に縮まった。

 新型コロナウイルスによる中断が明けて以降は1分4敗と勝ちがなく、残留圏内まで勝ち点8差で崖っぷちとなっていた18位のマジョルカ。この日は17位のセルタをホームに迎え、今後の運命を大きく占う直接対決に臨んだ。久保は再開後5試合連続で先発し、右サイドハーフのポジションに入った。

 試合は物議を醸す判定から始まった。前半7分、マジョルカMFダニ・ロドリゲスが敵陣ペナルティエリア内でインターセプトを試みると、相手と入れ替わる際に転倒し、主審はPKを宣告。ここでVARが介入し、6分間にもわたって中断した。それでも判定は覆らず、このPKでFWアンテ・ブディミルが得点。ラッキーな形でマジョルカが先制した。

 その後はマジョルカが久保のアシストで得点を重ねた。前半27分、まずは左サイドに流れた久保が斜めのパスをゴール正面に通し、FWクチョ・エルナンデスが相手に阻まれそうになりながらも右足で流し込んで2点目。さらに40分、右サイドに開いた久保がマイナスのパスを送ると、DFアレハンドロ・ポソが見事なトラップから左足で決め、前半を3-0で折り返した。

 後半は始まって早々せわしない展開。まずはセルタが4分、FWサンティ・ミナがA・ポソに倒されてPKを獲得すると、FWイアゴ・アスパスが決めて1点を返す。ところがマジョルカは8分、久保のパスを受けたMFサルバ・セビージャのダイレクトパスがゴール前に通ると、抜け出したブディミルが落ち着いて流し込み、再びリードを3点に広げた。

 さらに後半16分、マジョルカは久保のパスを受けたS・セビージャがゴール正面から強烈なミドルシュートを叩き込み、今季初の1試合5得点。36分にはゴール右斜め前からのFKを久保が蹴ったが、鋭いシュートは大きく枠を越えた。38分、MFラゴ・ジュニオールの投入で久保は途中交代。そのまま試合が終わり、久保の活躍もあってマジョルカが残留に望みをつなぐ再開後初勝利を収めた。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP