beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ロリスと殴り合い寸前も…ソン・フンミン「特別な状況ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロリスと口論になったFWソン・フンミン

 トッテナムのFWソン・フンミンがキャプテンGKウーゴ・ロリスと口論になった場面について「特別な状況ではなかった」と言及した。韓国『朝鮮日報』が同選手のコメントを伝えている。

 トッテナムは6日のプレミアリーグ第33節でエバートンと対決。相手のオウンゴールで1-0の勝利を収めた一戦で、前半終了直後にトラブルが起きていた。選手たちがドレッシングルームへ向かう中、ロリスが激怒しながらソン・フンミンに詰め寄ると、韓国代表FWも何かを言い返して口論に発展。同紙が「殴り合い寸前まで行くように見えた」とレポートするように一触即発の状態だったが、すぐにチームメイトが仲裁に入り、2人を引き離した。

 ロリスが怒ったのは、ハーフタイム直前にエバートンのFWリシャルリソンに危険なシュートを打たれた場面で、ソン・フンミンが守備で手を抜いていたことが原因とみられる。

 ソン・フンミンは試合後のインタビューで「口論があったのは事実だ」と認めつつも「すぐに和解した。ピッチ外でも親しい間柄だ。情熱を持っていることで、そのようなことが起きた」と説明。「僕は負けることが嫌いで、チームも負けることを嫌っている」と付け加え「誤解されるような状況ではなかった」と強調している。

 実際、後半開始前に2人はハグをし、試合後には互いに勝利を喜び合っていた。ロリスもイギリス『スカイ・スポーツ』を通じて「試合後の僕らの間にはまったく問題がないことを見ただろう」と、解決済みであることを語っている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP