beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川崎F大島僚太が先制の豪快ミドル弾「強みをたくさん出せた試合」

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制ゴールを挙げたMF大島僚太

[7.8 J1第3節 FC東京0-4川崎F 味スタ]

 リモートマッチとなった“多摩川クラシコ”で、川崎フロンターレMF大島僚太がゴールラッシュの口火を切った。

 前半17分、左サイドからのスローインで相手を背負ったFWレアンドロ・ダミアンが落とすと、反応したのは大島。「綺麗に落としが来ていたので、思いっきり打とうと思いました」。PA左手前の位置で右足を振り抜くと、豪快なミドルシュートは左ポストに当たってゴールマウスに吸い込まれた。

 チームは今季、4-3-3の新布陣を採用。インサイドハーフを担う大島は前線の選手と絡みながらゴールを陥れた。幅を使った攻撃も奏功し、前半だけで4ゴールを畳み掛けての完勝。「真ん中を使いつつ、幅も最後のところで自分たちの武器になっている。ポジションの広がりの部分も含めて、強みをたくさん出せた試合だったと思います」と手応えをにじませた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP