beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「無失点で勝てて良かった」得点も失点もJ2最多の新潟、無敗松本にウノゼロ勝利!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.11 J2第4節 新潟1-0松本 デンカS]

 J2リーグは11日、第4節を各地で行い、アルビレックス新潟松本山雅FCが対戦した。再開後の2試合では6得点8失点と多点試合を演じていた新潟だったが、この日は1-0で完封勝利。観客入場が解禁された一戦で今季のホーム初白星を収めた。対する松本は今季初黒星となった。

 今節から観客入場が解禁。ホームの新潟は前節の金沢戦(●3-5)から先発4人を入れ替え、DF舞行龍ジェームズ、MF島田譲、MF本間至恩、FWペドロ・マンジーが新たに入った。インドリーグから加入したP・マンジーはこれがJリーグ初出場となった。対する松本は前節の甲府戦(△1-1)から2人を変更し、DF乾大知とMF鈴木雄斗が新たに起用された。

 試合は自陣から短いパスを使って組み立てる新潟に対し、5-2-3の守備ブロックを敷いて守る松本という構図。ボールは新潟がほぼ一方的に支配し、左サイドハーフの本間のドリブル突破などでチャンスをつくっていたが、松本もFW阪野豊史とMFセルジーニョを中心としたカウンターで脅威を見せた。

 それでも前半33分、新潟がセットプレーから試合を動かした。右コーナーキックを島田が左足で蹴り込み、ファーサイドの舞行龍が胸で落とすと、ゴール前で待っていたDF田上大地が強烈なボレーシュート。アクロバティックな形でゴールネットに突き刺した。新潟は44分にもFWファビオの左足シュートが枠内に飛んだが、これはGK村山智彦の攻守に阻まれた。

 後半は松本がやや優勢となり、34分には途中出場のMF久保田和音がビッグチャンスを迎えたが、19歳のGK藤田和輝が好セーブ。藤田は序盤こそキャッチングミスも見られたが、その後は広い守備範囲で相手の侵攻を阻んでいた。試合はそのままタイムアップ。試合前の時点では今季9得点8失点といずれも最多だった新潟が1-0で再開後初勝利を収めた。

 試合後、フラッシュインタビューに応じた田上は「迷わず振り抜いた結果がゴールにつながって良かった」と喜びを語った。再開後のチームは2試合連続3ゴールを決めるも合計8失点。「前節はディフェンスとして苦しい敗戦だった。無失点で勝てて良かった」と安堵の気持ちを明かした背番号50は「今回出た選手だけでなく、アルビレックス一体となって連戦を勝ち進んでいきたい」と前を見据えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP