beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

豪快バイシクル炸裂!「日本の気候に苦しんだ」ノルウェー代表FWが湘南初ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南FWタリクが衝撃バイシクルで移籍後初ゴール

[7.26 J1第7節 川崎F 3-1 湘南 等々力]

 湘南ベルマーレは新加入FWタリクのアクロバティックなスーパーゴールで先制に成功したが、3失点で逆転負けを喫した。序盤からボールを保持される防戦一方な展開で、シュート数は3対24。集中した守備で前半を無失点に抑えたものの、強力な攻撃陣に屈した。

 浮嶋敏監督はハーフタイム明けにタリクとMF古林将太を投入すると、采配が的中。後半も川崎Fペースは変わらなかったが、途中出場の2人がワンチャンスを仕留めた。後半12分、右サイド深い位置から古林がクロスを入れ、タリクが豪快なバイシクルシュートでネットを揺らした。

 ノルウェー代表のタリクは待望の移籍後初ゴールとなったが、「チームが負けてしまったことで自分のゴールは消えたようなもの」と敗戦を悔やんだ。「常に自分は100パーセントでできるコンディションを保っていた。日本の気候に苦しんだ部分があって、それは今でも難しい部分がある」。この日のスタメンの平均年齢は相手より約4.5歳若い23.82歳。「若い選手が多い中で、これも一つの経験と捉えて自分たちは前進していくのみ」と前を向いた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP