beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ウィリアンが“ライバル”に移籍か…アーセナルが3年契約を提示

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルシーFWウィリアン

 アーセナルチェルシーFWウィリアンの獲得に近付いているようだ。英『スカイスポーツ』が伝えている。

 今シーズン終了後にチェルシーとの契約が切れるウィリアンだが、新たな契約は合意に達していない。ウィリアン自身はロンドンでの生活に満足しており、自分の「ホーム」とも表現するなど、残留を望んでいるという。しかし、より長期での契約を望むウィリアンと1年の契約延長を提示するクラブの交渉は難航した。

 チェルシーは30歳を超えた選手と複数年契約を結ばない方針をとっていたが、背番号10の引き止めのために2年契約を提示。しかし、3年契約を望むウィリアンは首を縦に振ることはなかった。

 以前からウィリアンに興味を示していたのが、同じロンドンに本拠地を置くアーセナル。FA杯を制して来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得し、財政的な余裕が生まれたと伝えられており、正式に3年契約を提示したようだ。若返ったチームに“経験”を加えたいというミケル・アルテタ監督の意向、そして元ブラジル代表のエドゥ氏がテクニカル・ダイレクターを務めていることがアーセナルにとってプラスに働き、獲得レースのトップに立ったという。

 なお、ウィリアンにはバルセロナやインター・マイアミなどが興味を示している。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP