beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[和倉ユース]「そこを湘南に評価されている」来季プロ入りの履正社MF平岡大陽、持ち味を見せた一方で課題も語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

来季の湘南加入が内定している履正社高MF平岡大陽(3年)

[8.5 和倉ユース大会決勝 青森山田高5-0履正社高 城山陸上競技場]

 個人としてもチームとしても課題の残る一戦となった。履正社高のMF平岡大陽(3年/湘南内定)は決勝の青森山田高戦(●0-5)を振り返り、「完璧にやられているので、まだまだというか、やらなきゃいけないなと思いました」と語っている。

 予選リーグ第2節でも対決(●1-2)した青森山田との再戦となった決勝。前回と同じく前半を2点のビハインドで折り返した履正社だったが、今回はゴールを奪い返す間もなく後半に立て続けの3失点を喫し、反撃の芽を摘まれた。試合はそのまま0-5で終了。5日で6戦という過密日程の中、最後までプレーの強度を保った青森山田に力の差を見せられる結果となった。

「夏に連戦ということで、この中でチームが勝ち、しっかり締めたゲームをするのがどれだけできるかが問われた大会でした。決勝までなんとか上がってこれたのは良かったんですけど、決勝で完璧にやられているので、まだまだというか、やらなきゃいけないなと思いました」

 チームの反省点を口にした平岡は「そこを湘南にも評価してもらっている」というボール奪取で持ち味を発揮する場面もあったが、ボランチとしてそのベースとなる走力の安定感を個人の改善ポイントに挙げている。

「しっかり走れる試合と走れない試合の波がありました。走れる試合は満足のいくプレーができたんですけど、今日の決勝みたいな試合や予選リーグの何試合かは思うように運動量を出せないところがあったので、そこをしっかり安定させないと、上のレベルのステージでは通用しないと思います」

 チームとしての最終目標は冬の選手権。今年はその前にプリンスリーグとプレミアリーグのチームが戦う合同リーグが開催される。プリンスリーグ昇格組の履正社にとっては、強豪チームとの貴重な実戦の機会だ。

「プレミアリーグのJユースの選手たちも加わるということで、レベルが高くなると思います。その中で自分がどれだけできるのかも重要になってくると思いますし、チームも今日のような負けをしていては本当に選手権とか、その先で通用しないと思うので、しっかり守って、相手より走ってというところを意識して、強豪チームにも絶対勝てるように頑張っていきたいです」

「個人としても来年からプロの選手としてやっていくので、自分の課題を見つけて取り組んで、より成長することもそうですし、チームとしても最後に結果を残して終わりたいです。帰ってからの一つ一つの練習や試合にこだわって、最後に結果を残せるように、それだけ考えて頑張っていきたいと思います」

 全ては高校サッカーの集大成となる選手権、そして来季から立つプロの舞台のために。湘南が惚れ込んだボールハンターは今回の敗戦と向き合い、課題を克服することで、求める理想像を自分のものにする。

(取材・文 阿部哲也)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ

TOP