beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保建英と同僚に…トーレスに“本性”暴露されたバレンシア主将、急転ビジャレアル移籍

このエントリーをはてなブックマークに追加

バレンシアMFダニエル・パレホもビジャレアル移籍秒読みか

 スペイン1部ビジャレアル移籍が迫るレアル・マドリーMF久保建英(19)とバレンシアMFダニエル・パレホ(31)が同僚になるかもしれない。スペイン『アス』など現地メディアが伝えている。

 報道によると、バレンシア主将のパレホはMFフランシス・コクランとともにビジャレアル移籍に合意した。2選手はきょう10日にメディカルチェックを行う。当初はバレンシアのトレーニングに参加するはずだったが、電撃移籍が決定。12日までに正式発表されるという。

 パレホは先日、マンチェスター・シティ移籍が決定したFWフェラン・トーレス(20)から名指しで“本性”を暴露された選手。『マルカ』のインタビューで、トーレスは「僕にとってはいいキャプテンではなかった」「17歳でトップチームに参加した頃、彼が僕に『おはよう』と言ってくれるまで何週間もかかった」「マルセリーノが解任され、イ・ガンインと僕はロッカールームで犯人扱いされた。僕たちは数週間、彼らと会話してもらえなかったんだ」などと激白していた。

『マルカ』によると、パレホはクラブ側から退団を求められたようだ。「パレホは移籍を望んでいなかった。クラブ側が退団を望み、構想外だと彼に伝えた」と報じられている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP