beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[MOM3184]前橋育英FW西島隆太(1年)_強豪対決で2発!どんな状況でも点の取れるFWへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋育英高FW西島隆太は2得点の活躍

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[8.10 RYUKEI CUP U-16 前橋育英高 5-0 京都橘高 RKUフットボールフィールドB]

「ゴールを狙っていた。2点取れたので良かった」。ストライカーとして結果を残した前橋育英高FW西島隆太(1年)は5-0で快勝した試合後、充実した表情を見せていた。

 いずれもサイドからのクロスを合わせる形で2得点。前橋育英の宮本允輝コーチは西島について、「技術はまだそれほど高くないかもしれないですが、相手からすると怖いです。守備も前でボールを引っ掛けてくれるし、(個の力で)シュートまで持っていける」と説明する。

 そのストライカーが、強豪・京都橘高相手に自分の力を発揮した。この日は連動した動きで相手の守りを攻略し、アシストするシーンも。「強いところとやってみたかった。(2得点は)今後の自信にも繋がります」と振り返った西島は、「ゴール向かう部分は練習からやってきたので、それが最近の試合でも結果に繋がっていると思います」と続けた。

 前橋育英の先輩には昨年から公式戦に出場しているFW中村草太(3年)やMF熊倉弘達(3年)ら力のあるアタッカーがいる。それだけに、練習で彼らの動きを見て参考にしていく考えだ。

 そして、FWクリスティアーノ・ロナウドらのように、「どんな試合でも点取れるようなFW」「大事なところで点を取れる選手」になることが目標。左右両足でシュートを狙えるところなどの強みを伸ばし、チームを勝たせるストライカーになる。

(取材・文 吉田太郎)

TOP