beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

お前、すごいな…ホーランド「あれほどの15歳を見たことはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWアーリング・ホーランドとFWユスファ・ムココ

 昨季、シーズン途中にザルツブルクからドルトムントに加入すると、驚異的なゴールラッシュを披露して15試合13得点を記録したFWアーリング・ホーランド。特大のインパクトを残した20歳は、自身より年下となる15歳のFWユスファ・ムココに驚きを隠せないようだ。独誌『キッカー(日本語版)』が伝えている。

 2004年11月20日生まれ、カメルーン出身のムココは11歳からドルトムントの下部組織でプレー。12歳でブンデスU-17、14歳にはブンデスU-19でゴールを量産するなど、飛び級カテゴリーで爆発的な得点力を発揮してきた。

 2018-19シーズンはブンデスU-17で25試合46得点と、驚異的な数字を残してクラブ記録を打ち立てると、2019-20シーズンは15歳ながらもブンデスU-19を主戦場とし、20試合出場34得点で再びリーグ新記録を樹立。また、今年2月には15歳にしてU-19ドイツ代表メンバーにも招集されている。

 20-21シーズンのトップデビューが期待されるムココには、今季から背番号18が与えられ、現在はトップチームの選手たちとともにトレーニングを行っている。間近でムココのプレーを見たホーランドは「僕の15歳の時よりも、はるかに彼の方が良いよ」と太鼓判を押した。

「15歳でドルトムントの練習に参加している。僕が彼の年の時はまだ故郷にいたよ。あまり大きなプレッシャーをかけたくないけど、これまでの人生の中で、あれほどの15歳を見たことはない」

 20歳の“怪物”から絶賛された15歳の“神童”。果たして、新シーズンのトップチームデビューはあるのだろうか。

●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP