beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウドが同じチームに来たらパスを出す? メッシの答えは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシ

 ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドバルセロナに移籍する可能性があるという衝撃的なニュースが駆け巡る中、イギリス『スポーツ・バイブル』がFWリオネル・メッシの過去の発言に注目している。「一緒にプレーした場合、C・ロナウドにパスを出すかどうか」という質問に対する回答だ。

 ユベントスとの契約が2022年まで残るC・ロナウドは先日、バルセロナやパリSGなど複数クラブとコンタクトを取っていたと報じられ、大きな話題となった。ユベントスの経済的な問題やC・ロナウド自身が新たな挑戦を望んでいることなどが理由として挙がったが、関係者はすぐに否定のコメントを出した。

 実現の可能性は低いとみられるものの、現代サッカーを代表する2大スターの共演は多くのファンの妄想をかき立てる。

 メッシは今年2月にスペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューを受けた際、C・ロナウドと一緒にプレーした場合にパスを出すかどうか尋ねられて「最終的にはそうするだろうね」と答えた。

 また、以前にC・ロナウドのユベントスでのパフォーマンスについて「彼が得点し続けるのは当たり前のこと。彼は肉食系ストライカーだ。FWとして多くの良い性質を持っている」と称賛。C・ロナウドのレアル・マドリー時代にリーガ・エスパニョーラで激しいライバル関係にあったが、スーパースター同士の不仲説を否定していた。

 一方、過去にC・ロナウドも自分より1つ多い史上最多6度のバロンドール受賞を誇るメッシに対し、「もちろん、僕らは良い関係を築いている。まだ一緒に食事をしたことはないが、将来的にはそうしたいと思っている」とコメント。リーガ時代を振り返り、「僕たちはスペインであのような戦いをした。僕が彼を後押しして、彼も僕を後押ししてくれた。それがフットボールの歴史の一部であるのはいいことだよ」とメッシへのリスペクトを強調していた。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●セリエA2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP