beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東Rookie League]1対1の打開力示した桐光学園FW菅江「西川君みたいに」

このエントリーをはてなブックマークに追加

桐光学園高のFW菅江陸斗(右)は突破力を示した

[9.5 関東Rookie LeagueAリーグ第1節 桐光学園高 0-1 矢板中央高 時之栖うさぎ島G] 

 次世代の西川潤になる。桐光学園高のFW菅江陸斗(1年)が理想像に挙げる選手は昨年まで桐光学園の10番を背負っていた逸材FW西川潤(現C大阪)だ。「西川君みたいに10番背負って、チャンスつくれて、自分も点決めれる選手になりたいです」。横浜FC鶴見ジュニアユースから西川への憧れと「神奈川県で1番強いチーム」での成長を目指して桐光学園へ進学したFWはこの日、存在感のある動きを見せた。

 序盤から敵陣で上手くギャップに入ってボールを受けていた菅江は、ターンから「1対1のところは負けない自信があります」を表現。DFの逆を取る動きと一瞬のキレ味でDFを振り切り、ボールを前進させていた。

 ただし、前半半ばからはボールを持つ回数を十分に増やすことができなかった。後半も周囲をシンプルに使いつつ、ゴールに近い局面では個での打開を図り、ゴールをこじ開けようとしたが、堅守・矢板中央高の前に1点を奪うことができなかった。

 セカンドトップとして攻撃の組み立て、チャンスメークでも力を発揮するが、自分が決め切るというこだわりも持ってプレーしている。「選手権で日本一になって、『桐光と言ったら菅江陸斗』みたいになって、代表に入っていきたい」。この日、突破に関しては他校の選手を含めても十分に目立っていた。その注目ルーキーは、ルーキーリーグや県リーグで結果を残し、今年の選手権での活躍を狙う。 

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●2020 関東Rookie League特集ページ

TOP