beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宮市亮、戦列復帰は新シーズン開幕以降か…ザンクト・パウリ監督「リハビリに波が…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ザンクト・パウリFW宮市亮

 ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリのFW宮市亮はいつになったら復帰するのだろうか。ドイツ紙『ビルト』が同選手の状態について語るティモ・シュルツ監督のコメントを紹介した。

 宮市は昨シーズンはチームのフィールドプレーヤーでは最多、そして自己ベストのリーグ戦29試合の出場を記録。だが、シーズン終盤の6試合のうち5試合は内転筋の痛みを訴え、欠場を強いられることに。今夏のプレシーズンは全体練習を部分的に再開したものの、ここ最近は個人トレーニングに戻ったと伝えられている。

 それを受けた『ビルト』は「リョウの謎、スピードスター・ミヤイチが一向に復帰しない」と題した記事を掲載。その状態を心配している様子のシュルツ監督に取材。「リョウは当然、我々にとってとてつもなく重要なプレーヤー。だから私も彼にできるだけ早くピッチに戻ってほしいものだ」と強調する同監督は、「リハビリにおいて少しばかりの波があるようでね。(練習に取り組むことが)可能のときがあれば、無理のときもある」と語ったという。

 一方で、宮市は紅白戦には出場した模様。シュルツ監督曰く「11対11のゲームには参加し、その際36キロまでに加速したんだ」と高速のランを見せていたとのこと。続けて「監督としては私はやや慎重な方だ。さらに3週間かかっても、それからは完全に戻って来れるのなら、それでもいい。今は確かに辛いが、リスクを冒したくないからね」とも話している。

 なおザンクト・パウリは13日に行われるDFBポカール1回戦では4部エルヴァスベルクとアウェーマッチで対戦すると、21日のブンデスリーガ2部開幕節では敵地でのボーフム戦に臨む。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP