beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベイルの一番の希望は…代理人が明かす「私たちは話し合いを進めている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

マドリーで過ごす日々はあと少しか…

 レアル・マドリーのFWガレス・ベイルトッテナム復帰に向けて、具体的な話し合いを行っていると、代理人であるジョナサン・バーネット氏が明かした。『BBCラジオ・ウェールズ』に語った内容を『マルカ』が伝えた。

 ベイルはレアルで7シーズン目を迎えた昨季、キャリアワーストのリーグ14試合の出場にとどまり、2得点を挙げたのみだった。

 13年まで所属したトッテナムへの復帰やマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されるベイルだが、バーネット氏によると、一番の希望はスパーズへの復帰だという。「彼はいまもトッテナムを愛している。彼は戻りたがっているんだ」。

 またバーネット氏によると、「私たちは(トッテナムと)話し合いを進めている」という。ただしトッテナムの財政面を考えると、これまでレンタル移籍の可能性は排除してきたベイル側も今夏は認めざるを得ない可能性が出てきているようだ。レアルとベイルの契約は22年6月まで残っている。

 それでも同紙は「ベイルのR・マドリーでの日々はあと少しである」と断言。そして「すぐにプレミアリーグに戻るのではないか」と交渉が進むことを予想している。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP