beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鎌田大地がフランクフルトとの契約延長にサイン!「とても居心地がいい」23年6月まで

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フランクフルトは16日、日本代表MF鎌田大地(24)との21年夏までとなっていた契約を、23年6月30日まで2年間延長すると発表した。

 鎌田は鳥栖から17年6月にフランクフルトに完全移籍。翌18シーズンにベルギーのシントトロイデンに期限付き移籍すると、シーズン2桁ゴールを記録。1年でフランクフルトに復帰し、昨季はブンデスリーガで28試合に出場して2得点を決めていた。

 公式サイトで鎌田は「フランクフルトはとても居心地がいい。昨季は自分の良さを出せたので、更なる成長をみせたい」と意気込みを語る。フレディ・ボビッチスポーツディレクターも「ダイチは我々が若い選手を育成できるという最高の例。大地が残留を決断してくれて嬉しく思う」と期待を寄せた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP