beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

磐田の黄金時代を築いた“攻撃的ミッドフィルダー”藤田俊哉、秀でた得点力の記憶と記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

“攻撃的ミッドフィルダー”藤田俊哉

 Jリーグで黄金時代を築いたクラブは数少ない。ジュビロ磐田は1994年にJリーグに加盟すると、97年にセカンドステージで初優勝。チャンピオンシップで鹿島アントラーズを破り、初の年間王者に輝いた。その後も数々のタイトル争いに絡み、99年には2度目のJリーグ年間王者に。そして、02年にはリーグ戦前後期を制し、完全優勝を成し遂げた。

磐田の黄金時代を築いたMF藤田俊哉

 MF藤田俊哉は、その97年から03年までの黄金時代で“背番号10”を着用した磐田のレジェンドだ。94年に筑波大から加入すると、初年度からレギュラーを獲得。01年に名波浩を中心に構築された“Nボックス”システムでは、その一角として攻撃を牽引。精度の高い長短のパスだけではなく、自らも受け手として奔走し、ゴールも量産した。

Vゴールの数は歴代最多タイ記録

 その活躍は記録にも残る。Jリーグに延長戦があった当時では、福田正博と並ぶ通算9度のVゴールを決め、歴代最多回数を記録。持ち前の頭脳と研ぎ澄まされた得点感覚は磐田から移籍しても続き、名古屋グランパス所属時の07年には中山雅史に次いで史上2人目となるJ1での14年連続ゴールを達成した。同年にはミッドフィルダーでは史上初となるJリーグ通算100得点も成し遂げている。

Jリーグで最優秀選手賞やベストイレブンにも輝いた

 数々の個人タイトルも獲得した。Jリーグベストイレブンは98年、01年、02年の3度受賞。さらに、01年にはJリーグ最優秀選手賞にも輝く。磐田からの最優秀選手はドゥンガ、中山、藤田、高原直泰の4選手のみ。02年にはサッカー担当記者の投票による日本年間最優秀選手賞にも選出された。

名古屋ではMFとして史上初となるJリーグ通算100得点を達成

 03年、藤田は磐田からレンタル移籍でオランダのユトレヒトに加入した。試合でも結果を残していたが、半年間で磐田に復帰。05年には活躍の場を求め、名古屋に完全移籍を果たす。09年にはロアッソ熊本に加入し、11年にはジェフユナイテッド千葉に移籍するも同年に退団。12年に現役引退を表明した。

 ミッドフィルダーといえば“司令塔”や“攻守の要”のイメージが強かった時代に、藤田はいち早く“攻撃的ミッドフィルダー”という役割を確立した。より前線で、貪欲にゴールを狙い続ける存在。その系譜は現代の日本サッカーにも脈々と受け継がれている。


 元祖・攻撃的ミッドフィルダーとしてJリーグに名を残したMF藤田俊哉が、再びピッチを駆け抜ける。スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!


<プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド とは>
『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』は、セガの大人気サッカーゲーム「サカつく」の面白さをスマートフォン向けに再現したゲームとなっています。クラブ運営や選手育成・補強、手に汗にぎる試合展開など正統派「サカつく」を踏襲したシステムを複雑な操作なく、手軽にお楽しみいただけるだけでなく、シリーズ初の世界同時展開により、世界の「サカつく」プレイヤーたちと競い「世界No.1サッカークラブ」を目指すことが可能となっています。



<プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド 概要>

名称:プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド
ジャンル:スポーツ育成シミュレーションゲーム
対応OS:iOS / Android
価格:基本無料(アイテム課金)
メーカー:セガ
著作権表記:©SEGA (公財)日本サッカー協会公認 
The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV.

■公式サイト:
https://sakatsuku-rtw.sega.com
■公式Twitter:
https://twitter.com/sakatsuku_com

Sponsored by SEGA

TOP