beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

連覇狙う國學院久我山、関東一、東京朝鮮などが初戦突破:東京A

このエントリーをはてなブックマークに追加

國學院久我山高は4-0で初戦突破

 10日、第99回全国高校サッカー選手権東京都2次予選が開幕。Aブロックは1回戦7試合が行われた。

 2年連続の全国出場を狙う國學院久我山高は城東高と対戦。相手の好守にあうシーンが増えながらも、ミドルシュート、PKなどで着実に加点して4-0で勝利した。3年ぶりの全国を目指す関東一高は、MF類家暁とFW笠井佳祐がそれぞれ2得点を挙げるなど本郷高を6-0で下した。

 MFペ・ビョンチョル主将の先制点など9得点を挙げた東京朝鮮高、延長戦でFW田幡謙侑が勝ち越しヘッドの東京農大一高、狛江高、東大和高、日大豊山高も初戦を突破している。

 11日には9試合が行われる予定となっている。

【東京A】
[1回戦](10月10、11日)
國學院久我山高 4-0 城東高
昭和第一学園高 - 東大和南高
東京成徳高 - 東高
大東文化大一高 - 国士舘高
修徳高 - 福生高
狛江高 3-2(延長)駒込高
東京農大一高 3-1(延長)成蹊高
本郷高 0-6 関東一高
東京朝鮮高 9-0 武蔵高
駒場学園高 0-3 東大和高
明星学園高 - 早稲田実高
足立学園高 - 駒澤大高
日大豊山高 2-0 正則学園高
学習院高 - 国分寺高
鷺宮高 - 淑徳巣鴨高
明治大中野八王子高 - 東海大高輪台高
●【特設】高校選手権2020

TOP