beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

限られた時間で階段上ってきた大成。挑戦心と仲間の思い持って戦い続け、今年は初の選手権へ:東京B

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半36分、MF加藤慶八の先制点を喜ぶ大成高イレブン

[10.11 選手権東京都Bブロック1回戦 八王子高 0-3 大成高 国士舘楓の杜キャンパスG]

 11日、第99回全国高校サッカー選手権東京都Bブロック予選1回戦が行われ、昨夏のインターハイ出場校・大成高が八王子高に3-0で快勝した。大成は18日の2回戦で石神井高と戦う。

 昨年に比べると特別な個はいないかもしれない。練習時間も他のライバル校より少ないかもしれない。それでも昨年、インターハイに初出場してチームの歴史を塗り替えた大成が、今年は選手権初出場に挑戦する。

 緊張もあった立ち上がりは、1次予選3試合を14得点無失点で勝ち上がってきた八王子に流れの中、またセットプレーからも危ないシーンを作られた。だが、大成は豊島裕介監督が「良かったですよ、流れが悪かったですから。公式戦経験ないけれど良くやってくれた」と評したGK小山飛来(2年)がファインセーブ。188cmの注目GKバーンズ・アントン(2年)らを怪我で欠く中で起用された小山がチームを支えた。

 八王子はベンチからも良く声が出て一体感のある戦い。いずれも190cm級のCB野坂匠吾やCB川島紘永をはじめ、サイズ感のある選手が多く、彼らがコンパクトな攻守で強豪に食い下がった。

 それでも、ボールを握る時間を増やした大成は後方から繋ぎ、サイド攻撃やグループでの崩し、ミドルシュートなど多彩な攻撃で相手DFに的を絞らせない。なかなか先制点を奪うことができなかったが、前半36分、MF片原崇也主将(3年)の展開から右サイドでDFを剥がしたMF加藤慶八(3年)が右足シュートを叩き込む。

 昨年の経験者でもあるMF金井陸人(3年)が「ドリブルがとても上手くてヌメヌメしていて(微笑)スルスル抜けていくドリブラーなんですけれども、クロスも上手いですし、シュートのパンチ力もあるので、先制点は良い人が決めてくれたと思います」と評する加藤のゴールで1-0。八王子も攻守両面で奮闘するMF金子武蔵(3年)がコンビネーションからPAへ切れ込み、FW濱田塁偉(3年)を起点とした攻撃、左SB岡龍之介(3年)のオーバーラップなどを交えて攻め返すが、大成は自陣でFKを与えないというタスクを徹底しながら無失点を続ける。

 落ち着き払った守備が印象的なDFリーダー・CB熊倉拓海(3年)や対人に強い1年生CB渡辺誠史、豊富な運動量で走り回る金井らが後半は相手にチャンスらしいチャンスを作らせない。そして、攻撃面ではMF前澤亮太(3年)のセットプレーを含めてゴール前のシーンを作り続ける。

 後半23分、大成は追加点を奪う。連続でシュートをブロックされたものの、最後は金井がGKに触られながらも右足シュートをねじ込んで2-0。27分にも、右クロスのこぼれをコントロールした金井がパワーショットをゴールに突き刺した。リードが広がってもピッチ内で「戦え!!」という声。決定機を逸するシーンが多かったことも確かだが、気を緩めることなく戦い続けた大成が3-0で快勝した。

 大成は学校の新型コロナウイルス対策によって、全体練習を再開したのは8月17日から。その3日後の練習試合が約6か月ぶりの対外試合だったという。7月に一週間ほどトレーニングできていたとは言え、チーム全体での練習量は他のチームに比べてかなり少ない。当然、9月のリーグ戦では苦戦が続いた。

 それでも、豊島監督は「チームの中でクリア基準を設けていて、階段を上ってきてくれたのかなというのがあります。選手権に照準を絞ってという話は彼らとして、彼らも信じてやってきてくれた」と頷く。リーグ戦で敗れても、マイナス要素の話は全くせずに前を向いて選手権を目指してきた。

 昨年のインターハイでゴールを決めている長身FW尾崎元(3年)が負傷離脱中。優勝候補の一角であることは確かだが、選手たちは、自分たちの力を理解した上で挑戦心を持って大会に臨んでいる。豊島監督は「今日も円陣で『相手は格上だ!』と言って、入っていったから。そういうチームなんです。自分たちでもちゃんと分かって、リスペクトして入っていけるので、奢ったりする子たちではない」。また、緩いプレーに対する厳しさがチームに浸透。全員が、力を出し惜しみすることなく発揮し続ける覚悟だ。

 片原は「試合が始まる前、11人には円陣の時に、(配信の)画面越しにみんなが応援してくれていたんですけれども、そういう選手たちの思いや夢を背負って戦おうと自分からも伝えて、チーム全員が身体を張ってできた。今日勝った八王子の選手たちの夢なども全部背負って高みを目指していけたら良い」と力を込めた。昨年はインターハイ初戦で名経大高蔵高(愛知)に惜敗。今年9月の練習試合ではその名経大高蔵に勝利し、手応えも掴んでいる。自分たちを信じて全力で戦い、今冬、再び歴史を塗り替える。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP