beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウド姉、弟コロナ陽性に過激メッセージ「最大の詐欺」「目を覚まして」

このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真は17年撮影)

 新型コロナウイルスの陽性反応が出たとしてポルトガル代表を離脱したFWクリスティアーノ・ロナウドの姉、カティア・アベイロさんが自身のインスタグラムで過激な文言を発信している。

 ポルトガルサッカー協会は13日にFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと公表。11日のUEFAネーションズリーグのフランス戦にフル出場したロナウドだが、14日のスウェーデン戦を前に離脱を余儀なくされた。

 感染源は不明で、ロナウド自身にも自覚症状はない模様。ただし所属するユベントスでは、14日にアメリカ代表MFウェストン・マッケニーが新型コロナウイルスの検査で陽性が確認されたことが報告されている。

 そんな中でロナウドの姉であるカティア・アベイロさんがSNSで持論を展開。この投稿に欧州メディアも注目して伝えている。内容は以下の通り。

「世界が目覚めなければいけないと言わざるを得ない。これまで多くの人がパンデミックを信じていたと思う。私もそうだった。でも今では最大の詐欺だったと言える。生まれてから見たこともないようなね。私はこの言葉に感銘を受けている。『操り人形はもうまっぴらだ』という言葉にね。もう目を覚まして」

TOP