beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

クロップ、今季まだ無得点もフィルミーノに全幅の信頼「このチームを機能させる存在」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWロベルト・フィルミーノを信頼するユルゲン・クロップ監督

 今季リーグ戦でノーゴールが続くFWロベルト・フィルミーノだが、ユルゲン・クロップ監督はブラジル人FWの無得点を気にしていないようだ。

 17日のエバートン戦を前にして、クロップ監督は記者の前で「ボビー(フィルミーノ)のゴールがいつになるのか分からないが、それはまったく問題だと思っていない」と教え子について語った。

「私が思うに、ボビーがリバプールにとってどれだけ重要な存在であるかを考えると、ゴールは最重要課題ではないんだ。前節、リバプールは残念ながら敗れてしまったが、その前の試合では勝利している。そしてボビーはどちらの試合でもゴールを決めなかったが、彼はこのチームを機能させる上で信じられないほどの影響力を発揮していた」

「ボビーは紛れもなく優れたナンバー9だ。ただ、それはゴールを決めるだけでなく、前線でどういう働きができるかという点も重要視されるべきだ。そしてボビーはブラジル代表の試合で先日2ゴールを決めた。最高の状態にあることは明白だね」

 その上でクロップ監督はフィルミーノに全幅の信頼を寄せている。

「メディアは得点の有無だけでFWを判断しがちだ。だが、それは公正かつ的確でないときもある。ビラ戦でボビーには2度ほどチャンスがあったし、ゴールすることができたかもしれない。ただ、ボビーが務めている役割や彼のスキルを考えると、得点だけが唯一の優先事項ではないんだ」

●プレミアリーグ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP