beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

王者リバプールに緊急事態…“危険タックル”で負傷のDFファン・ダイクが長期離脱か

このエントリーをはてなブックマークに追加

負傷したリバプールDFフィルヒル・ファン・ダイク

 昨季のプレミアリーグを圧倒的な成績で制したリバプールが早くも苦境に立たされている。守備の要を担うオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイクが、17日のエバートン戦で危険なタックルを受けて負傷交代。現地の放送局『BeINスポーツ』によると、右膝前十字靭帯断裂で7〜8か月間にわたって離脱する可能性があるという。

 プレミアリーグ第5節エバートン戦の前半5分、ファン・ダイクはセットプレーの攻め残りからゴール前に走り込むと、両足で滑り込んできたGKジョーダン・ピックフォードと激しく接触。危険なタックルをしかけてきた相手の両足に右足が挟み込まれるような形となり、プレーに復帰できないまま途中交代を強いられた。

 ユルゲン・クロップ監督は試合後、ファン・ダイクの状態について「良くない」と説明。その上で、オフサイドでピックフォードに懲罰がなかったことについて「明らかにPKが与えられるべき場面であり、それから(オフサイドの)旗が上がった。ファウルを取ると思ったが、そうならなかった」と判定への不満を口にした。

 またピックフォードについては「あのようにやろうとしたとは言いたくないが、GKがボックスの中ですべきチャレンジではなかった」と危険性を指摘。また指揮官はこの一戦でMFチアゴ・アルカンタラもFWリシャルリソンのチャージ(同選手は退場処分)を受けて負傷したと明かしている。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP