beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]桃山大が“ウノゼロ”勝利! MF水津の決勝点で今季2勝目、王者・大体大は疋田1G2Aで快勝:後期第6節

このエントリーをはてなブックマークに追加

桃山大が完封勝利を手にした

第98回関西学生サッカーリーグ1部


 第98回関西学生サッカーリーグ1部の後期第6節が16日、17日に行われた。桃山学院大大阪学院大と対戦し、1-0で勝利。今季2勝目としている。

 失点数が多い桃山大だが、今節は前半の被シュート数は1本のみ。前半アディショナルタイムにはMF水津颯太(4年=静岡学園高)がPA内のこぼれ球を仕留め、先制に成功する。後半も終始冷静に試合を運び、そのまま1-0で試合終了。今季初の完封勝利で、2つ目の白星を手にした。

 王者・大阪体育大阪南大に3-1で勝利。前半10分、40分と、MF疋田優人(4年=広島皆実高)のお膳立てをDF高橋秀典(4年=青森山田高)とMF横山翔大(2年=東海大相模高)が決め、2点先取に成功する。

 阪南大も後半開始から反撃し、DF真瀬拓海(4年=市立船橋高/仙台内定)のアシストからFW福羅光希(2年=阪南大高)が1点を返す。しかし、大体大は後半26分にDF大崎航詩(4年=東海大仰星高)の左CKを疋田がヘディングシュート。ダメ押しの3点目で勝利を収め、暫定首位に浮上した。

 関西学院大京都産業大と対戦。前半29分、FW山田剛綺(2年=京都橘高)のパスをFW山見大登(3年=大阪学院高)が決めて先制。後半39分には山見のクロスをMF渡邉裕斗(3年=関西学院高)が頭で合わせ、点差を広げた。試合は2-0で関学大が勝利し、暫定で唯一全勝をキープしている。

 甲南大立命館大に3-1で勝利。前半21分に失点を喫するが、同34分にFW稲森文哉(4年=阪南大高)のゴールで同点に追いつく。1-1で前半を折り返すと、後半7分にFW久保勇大(1年=G大阪ユース)が、同20分にはFW葭大河(3年=滝川二高)が得点を挙げ、逆転に成功した。

 関西大同志社大と対戦。前半19分にFW矢野龍斗(4年=市立船橋高)がヘディングシュートを決め、前半終了間際にはDF坂口貴哉(4年=興國高)が追加点。終始試合を支配し、2-0で快勝した。同志社大はいまだ開幕全敗が続いている。

結果は以下のとおり
【第6節】
※無観客開催のため、日時および場所は非公表
(10月17日)
大阪体育大 3-1 阪南大
[関]高橋秀典(10分)、坂口貴哉(40分)、疋田優人(71分)
[阪]福羅光希(46分)


関西学院大 2-0 京都産業大
[関]山見大登(29分)、渡邉裕斗(84分)

びわこ成蹊スポーツ大 (不戦試合) 近畿大

桃山学院大 1-0 大阪学院大
[桃]水津颯太(45分+1)

立命館大 1-3 甲南大
[立]三好辰典(21分)
[甲]稲森文哉(34分)、久保勇大(52分)、葭大河(65分)


関西大 2-0 同志社大
[関]矢野龍斗(19分)、坂口貴哉(45分+2)

●第98回関西学生リーグ特集

TOP