beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レワンドフスキ3発で早くも二桁到達!! バイエルン圧勝、鎌田前半で交代のフランクフルトは初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

レワンドフスキがハットトリックを達成し、早くも二桁到達

[10.24 ブンデスリーガ第5節 バイエルン5-0フランクフルト]

 ブンデスリーガは24日に第5節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトは王者バイエルンと対戦し、0-5で敗れた。鎌田と長谷部は開幕から5試合連続で先発入り。鎌田はトップ下でプレーし、前半のみで交代。長谷部はリベロの位置でフル出場したが、フランクフルトは今季初黒星を喫した。

 バイエルンは開始早々にDFアルフォンソ・デイビスが負傷するアクシデントに見舞われる。A・デイビスは右足首を抑えてピッチに倒れ込み、3分にリュカ・エルナンデスとの交代を余儀なくされた。それでも前半10分、MFキングスレイ・コマンがFWトーマス・ミュラーとのパス交換からラストパスを届け、FWロベルト・レバンドフスキが左足でゴール右に突き刺した。

 先手を取ったバイエルンは26分にもMFヨシュア・キミッヒが右CKを蹴り込むと、ファーサイドで競り勝ったレワンドフスキが頭で叩き付け、前半のうちにドッペルパック(1試合2得点)を達成。ハーフタイム明けに鎌田がベンチに下がり、フランクフルトは2枚替えを行ったが、次の一点を奪ったのもバイエルンだった。

 後半15分、縦に速い攻撃を仕掛けたバイエルンはMFドウグラス・コスタのスルーパスでうまく抜け出したレワンドフスキが左足タッチから右足で蹴り込み、3-0。レワンドフスキはハットトリックを達成し、第5節で早くも二桁得点に到達した。

 さらに負傷明けのFWリロイ・ザネは投入からわずか5分後の後半28分、右から鋭くカットインし、強烈な左足ミドルで突き刺した。後半45分には17歳FWジャマル・ムシアラがこぼれ球を押し込み、とどめの一撃。5-0で勝利したバイエルンがリーグ3連勝を飾った。

●ブンデスリーガ2020-21特集
●海外組ガイド

TOP