beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

韓国サッカー界に激震…FCソウルの31歳CBが遺体で発見、自殺か

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺体で発見されたキム・ナムチュン

 FCソウルに所属するDFキム・ナムチュンが逝去し、韓国サッカー界に激震が走っている。享年31歳。『朝鮮日報』など複数の韓国メディアが報じた。

 報道によると、30日午前8時20分頃、同選手は駐車場で遺体で発見された。現時点で他殺など事件性はないと見られており、自殺の可能性が伝えられている。ソウルの地元警察は「具体的な死亡経緯について調査が必要な状況」としている。

 キム・ナムチュンは2013年に光云大からFCソウルに加入。兵役の17〜18年を除くと、FCソウル一筋でプレーし、今シーズンも主力として22試合に出場した。

TOP