beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]天王山で早稲田撃破!佐藤凌我弾で明治大が首位再浮上!!:第17節

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW佐藤凌我のゴールが決勝点になった

 JR東日本カップ2020 第94回関東大学サッカーリーグ戦1部の第17節が14日に行われた。

 前節首位に浮上した早稲田大と2位の明治大が激突した注目の一戦は、前半アディショナルタイム4分にDF佐藤瑶大(4年=駒澤大高/G大阪内定)のアシストからFW佐藤凌我(4年=東福岡高/東京V内定)が決めた右足弾が決勝点になり、明大が1-0で勝利した。後半に入ってチャンスを量産した早大だが、ゴールネットを揺らすことはできなかった。

 両チームは勝ち点で並んでいたが、3ポイントを積み上げて勝ち点37とした明大が1節で首位奪還。明大にシーズンダブルを許した早大は、7戦ぶりとなる今季4敗目を喫し、2位に後退した。

 順天堂大は後半25分にFW大森真吾(2年=東福岡高)が右足で決めた得点を守り抜いて、慶應義塾大に1-0で勝利。大森は10日の立正大戦に続く2試合連続ゴールでチームを連勝に導いた。順大は試合のなかった3位の駒澤大に勝ち点29で並んでいる。

 なお、1部リーグの今節は新型コロナウイルスの影響で、法政大立正大駒澤大専修大桐蔭横浜大国士舘大の3試合が延期。15日には筑波大対中央大のみが行われる。

慶應義塾大 0-1 順天堂大
[順]大森真吾(70分)

明治大 1-0 早稲田大
[明]佐藤凌我(45分+4)

●第94回関東大学L特集

TOP