beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアル、久保建英に絶対的信頼を置く…西紙「最も才能ある若手と考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジャレアルに期限付き移籍しているMF久保建英

 レアル・マドリーは今季ビジャレアルにレンタル移籍しているMF久保建英に対し、絶対的な信頼を置いているようだ。スペイン『マルカ』がレポートしている。

 レアルは21日のラ・リーガ第10節で久保所属のビジャレアルとアウェーで対戦。この試合に赴いたフロレンティーノ・ペレス会長をはじめとした同クラブ首脳陣は、チームの勝利を見届けるほか(結果は1-1ドロー)、久保のプレーを楽しむことを目的としていたという。だが、ベンチスタートだった久保の出場時間は、後半44分からの数分間にとどまり、失望を覚えることになったようだ。ペレス会長らは、久保が満足な出場機会を与えられていないことへの不満を募らせている様子だ。

『マルカ』いわくレアルの首脳陣は、現在レンタル中の若手選手たちの中で久保に最も期待をかけており、そのためにビジャレアルでの現状には納得がいかないようだ。同紙は、次のように記している。

「日本人は現在、マドリーが獲得してきたすべての若手選手たち、今季ジネディーヌ・ジダン率いるチームで居場所がなかったすべての若手選手たちの中で、最も信頼を置くプロジェクトだ。首脳陣は彼がフットボール的な才能を誰よりも持ち、伸び代も大きいとの考えを貫いている。今後どういった存在になれるのかという点で、絶大な信頼を置いている」

「レアル・マドリーにおいて、久保は多くの人間から寵愛されている。この元バルセロナ選手が、違いを生み出せる存在になることを見据えているのだ」

 ペレス会長率いる首脳陣はビジャレアル戦後、久保本人に対して、そうした信頼の気持ちをしっかりと伝えた模様。レアルはビジャレアルが久保により多くの出場機会を与えることを願いつつ、同選手と定期的に連絡を取りながら、その歩みを見守り続けていくとのことだ。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP