beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ四国]徳島ユース、讃岐U-18、今治東、四学大香川西が勝ち点3獲得:第6節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020 四国は21日に第6節を行った。首位の徳島ヴォルティスユース(徳島)は、FW吉富駿介の挙げた1点によって高知高(高知)に1-0で勝利。2位のカマタマーレ讃岐U-18(香川)はFW川田脩斗の2ゴールとDF武下智哉のゴールによって選手権出場校・徳島市立高(徳島)に3-0で勝った。

 3位・今治東中等教育学校(愛媛)は今治内定FW高瀬太聖とFW伊藤吏輝がともに2ゴールの活躍を見せ、尽誠学園高(香川)に4-0で快勝。四国学院大香川西高(香川)はFW東川続が1試合4ゴールを記録するなど7-0で高知中央高(高知)に快勝している。

 大手前高松高(香川)対愛媛FC U-18(愛媛)戦は延期となっている。

【第6節】
(11月21日)
[Pikaraスタジアム]
尽誠学園 0-4 今治東
[今]高瀬太聖2(16分、40分)、伊藤吏輝2(33分、86分)

高知中央 0-7 四学香川西
[四]東川続4(25分、42分、58分、76分)、増廣海生斗(54分)、永吉真之介(79分)、佐藤敬太(90分+2)

[徳島市立高グラウンド]
徳島市立 0-3 讃岐U-18
[讃]川田脩斗2(4分、21分)、武下智哉(86分)

高知 0-1 徳島ユース
[徳]吉富駿介(30分)

[愛フィールド梅津寺]
大手前高松 vs 愛媛U-18
▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

TOP