beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

優勝決める一戦で今季初ゴールの川崎F齋藤学「チームとして勝てたのが一番」

このエントリーをはてなブックマークに追加

仲間から祝福される川崎フロンターレMF齋藤学(右)

[11.25 J1第29節 川崎F 5-0 G大阪 等々力]

 待ちに待った瞬間が訪れた。試合終了間際の後半45分、川崎フロンターレMF齋藤学に今季リーグ戦初ゴールが生まれた。

 ベンチスタートとなった齋藤に出番が巡ってきたのは、4-0と大量リードして迎えた後半41分だった。残り4分と限られた時間だったが、きっちりと結果を残す。

 投入から3分後の後半44分にはMF守田英正のスルーパスから抜け出し、相手の注意を引き付けて、ゴール前にフリーで走り込んだFW小林悠へに丁寧なラストパス。小林が合わせられずにゴールに結び付かなかったが、1分後に齋藤自身がネットを揺らす。

 小林の浮き球のパスからFW旗手怜央がPA内へと侵入。旗手が放った右足のシュートはGK東口順昭に阻まれたものの、こぼれ球が並走していた齋藤の足下へ。左足できっちり押し込み、チーム5点目を記録した。

 優勝を決める試合で生まれた今季初ゴール。「チームメイトに感謝して、このゴールは喜びたい」。自身のゴールに喜びを表すとともに、「嬉しい。今日はあまりピッチに立てなかったけど、チームとして勝てたのが一番」とリーグ制覇に白い歯を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP