beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高精度キックと守備センス、熱いハートも持つ2年生CB。桐蔭学園DF青木祐人が延長前半に決勝PK!

このエントリーをはてなブックマークに追加

延長前半アディショナルタイム、桐蔭学園高CB青木祐人が決勝点となるPKを決める

[11.28 選手権神奈川県予選決勝 桐光学園高 2-3(延長)桐蔭学園高 ニッパ球]

 決勝点となるPKを2年生CBが決めた。2-2で迎えた延長前半終了間際、桐蔭学園高はFW立石宗悟(2年)がPKを獲得。キッカーを託されたDF青木祐人(2年)が右足を振り抜き、勝ち越した。

 ゴールを決めた背番号4は雄叫びを上げながら、スタンドのチームメートへ向かってダッシュ。そしてスタンド手前で跳躍し、ガッツポーズをして見せた。この直後に延長戦前半終了。飲水後、ピッチに戻った青木はまだ吼え続け、人一倍とも言える勝利への気持ちを表現していた。

「(PKを)立石選手に託してもらったので、決められて良かった。練習中から外していなくて、本番も外す気はしなかった」と立石。そのCBは延長後半もゴール前でアツい守りを続けた。そして優勝を告げるホイッスルが鳴ると、飛び出してきたサブ組の選手たちと歓喜の抱擁。人一倍勝利を喜んでいた。

 熱いハートを感じさせるプレーが目立つ一方、彼の守備センスの高さや非常に正確な縦パス、サイドチェンジなど冷静に、視野広くプレーする姿も光る。この日は2失点したものの、対応力の高さやプレッシャーがかかっている状況での精度高いキックが印象的だった。

 青木は全国大会へ向けて「メンバーも、メンバー外の人も含めてみんなで全国優勝したい」と宣言。アツさと冷静さを兼ね備えた注目CBが、全国でも桐蔭学園の躍進に貢献する。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP