beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本人5選手在籍のシントトロイデンが監督を解任…今季就任も現在16位に低迷

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベルギー・リーグのシントトロイデンは2日、ケビン・マスカット監督の解任を発表した。同監督は今季より指揮を執っていた。

 なお、カルロス・ペレス・サンチュアアシスタントコーチ、ルチアーノ・トラーニフィジカルコーチとの契約も解除。後任は決定し次第発表になるが、セカンドチームのウィルケル氏が暫定的に指揮を執る。

 シントトロイデンは現在、2勝5分7敗で16位と低迷。最近は4試合勝ちなしで、1日のムスクロン戦では、FW鈴木優磨とMF中村敬斗が得点しながらも、2-3で競り負けていた。

 シントトロイデンには今季、鈴木、中村のほかに、GKシュミット・ダニエル、DF松原后、FW伊藤達哉の日本人5選手が在籍している。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2020-21特集

TOP