beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高卒プロの夢実現!藤枝東GK西川幸之介が“即戦力クラス”のキックも武器に大分入り勝ち取る

このエントリーをはてなブックマークに追加

大分トリニータ入りが内定した藤枝東高GK西川幸之介

 大分トリニータは7日、藤枝東高GK西川幸之介(3年)の来季新加入が内定したと発表した。西川は「幼い頃からの夢だったプロサッカー選手になることができて、嬉しい。大分をリーグ最少失点のチームに導ける選手になりたい。サッカーがあまり分からない人でも、『凄いな』と思われる選手になりたい」と意気込みを口にした。

 西川は、中学まで愛知県のシルフィードFCでプレー。中学3年生になり、高校進学を考えた際に文武両道と、全国大会に出場できるチームを探した。複数の高校に練習参加した中でも、藤枝東はダントツでレベルが高く、「何も通用しなかった」。特に練習後に行ったシュート練習では、元Jリーガーの佐賀一平コーチと河村優コーチが放つシュートをほとんど止めることができず、「ここなら成長できる」と入学を決意した。

 入学後、足立高浩GKコーチによるトレーニングはこれまで受けてきたものとは違うモノ。そのトレーニングによって、身体の使い方を学び、セービングの範囲が格段に広くなった。同時に、シュートストップが売りだった1学年先輩のGK小川陣(現・中京大)とGK矢野圭真(現・金沢星稜大)とは違う武器を身につけるため、キックを猛特訓。また、「同姓なので勝手に親近感を感じている」という大分アカデミー出身のGK西川周作(浦和)を参考に、パントキックもマスターした。そうした努力により、西川を起点にチャンスが生まれるなど、今では大きな武器になっている。

 西川は1年時の夏から、MF長谷部誠(フランクフルト)らを輩出した名門校で定位置を確保。高校生活最後の年を迎えた今年は、高卒でのプロ入りを希望し、強豪大学から届いた推薦のオファーも断った。

 8月には、チームメイトのDF稲葉楽(3年)が先にツエーゲン金沢入りが決め、「稲葉は一緒に1年から出ていたライバル。僕は、プロからの声がまだかかっていなかったので、はっきり言って嫉妬した」が、11月半ばに以前から西川を注目していた大分への練習参加が実現した。

「GKからのビルドアップを起点にしているチームなので、全員の足元が上手かった。セービングの部分も最後に手が伸びたり、届く範囲がまったく違った」とレベルの違いを肌で感じる一方で、持ち味であるキックはプロの世界でも通用する手応えを得た。

 藤枝東・小林監督によると、大分の評価も高かったようだ。「キックは即戦力クラス。セービングもサイズを補う身体能力と、基本技術がしっかりしてる点が評価されたみたいです。プロのスピードに慣れれば通用すると」。高評価を勝ち取った西川は、練習生の自分にも気さくに声をかけてくれたチームの和やかさや、温泉や海が近くにある大分の街にも好印象を抱いたという。

 GKのポジションは1つしかない。先輩GKの3人はいずれもハイレベルで、加入後は一番下の立場からのスタートとなるが、覚悟はできている。「辛抱する覚悟はできている。藤枝東に入る時も、結果的に1年目から試合に出させて貰えたけど、レベルが高い先輩がいたので3年生になるまで出られないつもりでいた。GKは経験がモノを言うポジションなので、下積みも大事。プロの環境に慣れたり、身体作りをして、少しでも早く出番を掴みたい」。「身長がなくても、プロで活躍できるというのを見せたい」と意気込む守護神なら、大分の地で活躍する日を多くの人が待ちわびている。

(取材・文 森田将義)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP