beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-23代表候補初選出のMF金子拓郎「ここでアピールできなければ次はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-23日本代表候補MF金子拓郎(札幌)

 ストロングポイントを発揮できるか。U-23日本代表候補に初選出されたMF金子拓郎(札幌)は「評価してもらった部分を代表でも出したい」と静かに闘志を燃やしている。

 初選出ながらも、チームメイトは大学時代の顔見知りも多い同世代の選手たち。札幌の同僚であるMF田中駿汰とMF高嶺朋樹もメンバーに名を連ねており、「比較的馴染みやすい感じ。シュンタとトモキがいるのは心強い」とすんなりチームに馴染んだようだ。

 今季、日本大学から札幌に加入。大卒ルーキーながらも31試合4得点の記録を残し、同代表候補初選出へとつなげた。「代表に呼ばれたのは自分のストロングポイントであるドリブルや突破力を評価してもらったと思っている。左足のシュートは持ち味でもあるので、そういう部分を代表でも出していきたい」と意気込む。

 去年までは「五輪は届かないもの」だったが、「より目指せる場所になった」のは間違いない。「ここでアピールできなければ次はない。この合宿で少しでもアピールできればと思う」。再びメンバーに名を連ねるためにアピールを成功させたい。

(取材・文 折戸岳彦)

TOP