beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[J内定者の声]GKコーチのいない環境で弛まぬ努力、仙台大GK井岡海都が掴み取った仙台入団

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベガルタ仙台から入団内定を受けた仙台大のGK井岡海都(4年=市立船橋高)は、憧れの舞台に胸を高鳴らせている。同大ではMF奥埜博亮(現C大阪)、DF蜂須賀孝治(仙台)以来となる仙台への直接入団に「高校卒業のころから抱いていたプロになる夢がかなってうれしい。ファンに愛される選手になりたい」と喜びを口にした。

 千葉県千葉市出身の井岡は、生浜西小2年の時にHANANO JFCでサッカーを始め、当時はフィールドプレーヤーとGKの両方を務めた。中学時代の千葉SCを経て、市立船橋高へ進学。Jリーグの下部組織からも誘いを受けたというが、「小学生からの夢が選手権に出ることだった」と迷うことなく全国屈指の名門校に進んだ。

 同校では黄金世代と呼ばれるDF杉岡大暉(鹿島)、MF{{原輝綺}(清水)、MF高宇洋(山口)、MF金子大毅(浦和)、DF真瀬拓海(阪南大4年、仙台内定)と研さんを積んだ。入学当初は常勝軍団の雰囲気に圧倒されたこともあったという。

「練習が厳しいこともあったけど、常に厳しい空気が流れていた」

 それでも市立船橋で心身を鍛えられ、守護神として成長を遂げた。「いいプレーをしても(コーチ陣から)『一喜一憂するな。謙虚さを失うな』と常に厳しい言葉をかけられていた。波がある選手は大事な場面で本領を発揮ができないし、どんな状況でも逃げずにやることを学べた」と振り返る。

 高3の夏に先発GKを務めた井岡は、杉岡らとともに鉄壁の守備陣を形成。高校総体で日本一を勝ち取り、「夢がかなった」と順風満帆な時を過ごしたかに思えた。だがその後は調子を崩し、憧れの高校選手権の舞台には立つことができなかった。ベンチから仲間たちの奮闘を応援していたが、チームは2回戦で前橋育英高に敗戦。卒業後は「選手権に出られなかったので、大学4年間で見返そう」という思いで、東北の雄・仙台大へ進学した。

 大学入学後はGKコーチが不在の中で練習に励んだ。「ミスしてもGKコーチがいれば指摘してくれるので、自分が考えなくても答えが出てくる。成功しても、この選択よりこっちが良かったと考え直すようになったことで同じミスを何度も繰り返さなくなった」。入学直後から定位置を掴んだ井岡は、ミスをすればすぐその場で振り返り、吟味して課題の克服に努めてきたという。

 さらに市立船橋高在籍時に指導を受けた伊藤竜一氏からのアドバイスも功を奏したと振り返る。「毎年総理大臣杯やインカレに伊藤さんが駆け付けてくれました。自分の欠点などを指摘していただけました」と年に2度のGKレッスンを受け続けてきた。全国大会から宮城県に帰れば、すぐ指摘された課題の克服に没頭。吉井秀邦監督は「GKコーチがいなかったことで考えて課題を解決をしていた。厳しい環境の中でよくやってくれた」と守護神の真摯な練習姿勢を称賛した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて仙台大は3月上旬から約3か月間、部活動が停止した。進路に関わる重要な大学ラストイヤーにサッカーを奪われた形だが、井岡は黙々と成長するための努力を続けた。そんな厳しい状況を耐え抜けたのは、市船時代に培った強靭な精神力が生きたからだという。自粛期間中は自主練習後の捕食やサラダなどを多く取り入れたりと食事の改善を図った。夢を掴むために、やれる限りのことをすべてやった。

 その中で自宅近くの郷家精肉店には頭が上がらないという。「郷家精肉店のママさんにレシピを考えてもらったり、お昼もご馳走してくれました。体重が増えたことでジャンプ力やプレーのパワーも上がったので感謝しています」と白い歯をこぼした。高校で得たメンタルの強さと、大学で得た考える力で逆境を跳ねのけた。

 たゆまぬ努力は結果に結びついた。秋にJ1仙台への入団が内定し、同大10年連続のJリーガーとなった。「本当にうれしかった。高校選手権に出られなかった悔しさが晴れた」と安堵の表情を浮かべた。高校時代の監督で、現在はジェフユナイテッド千葉U-18の監督を務める朝岡隆蔵氏に報告すると、常に厳しい言葉をかけ続けられた恩師から「おめでとう。ただプロになることが目標じゃないだろ。どんな状況でもやり続けることが大事。(試合に)出られなくてもやり続けてこの世界で長生きしろよ」と労いの言葉を貰った。「本当にウルっときた」。井岡にとっては、続けてきた努力が報われた瞬間だった。

 仙台の内定会見では竹村栄哉強化部長が「高校生の時からスカウトがずっと見続けていた。右足、左足でもビルドアップができて、取り組む姿勢を見て必要だと思い獲得した。レギュラーを取ってもらって長く貢献してほしい」と期待を込めた。GKコーチが不在と守護神にとって厳しい環境だったが、井岡は成長の歩みを止めなかった。そして大卒GKでは今季3人目となるJ1クラブの入団を勝ち取った。「将来は日本を代表するGKになってほしい」と起用し続けた吉井監督に、井岡は「将来を見込んで1年生のときから試合に出してくれた吉井さんには感謝しかない」と穏やかな表情で話した。

 先輩も吉報を喜んでいる。仙台大の1学年先輩であるMF松尾佑介(横浜FC)と井岡は部活後のシュート練習で切磋琢磨してきた。「彼は海外サッカーをよく見ているので、今の場面は海外のGKならこうすると本音でアドバイスをしてくれた」と振り返った。昨季は特別指定選手ながらJ2で21試合6得点を挙げてチームをJ1昇格に導いた先輩に大きな刺激を受けたという。

 そんな松尾も後輩のプロ入りに「GKという難しいポジションでも仙台大卒で活躍できるんだという姿を見せてほしい。頑張ってな井岡」とエールを送った。

 会見でプロでの目標を問われた井岡は、「日本一のGKになりたい」と宣言した。「大きなことを言ってしまったけど、まずは過程を大事にして一人でも守れるGKになりたい。最終的には日本トップのGKになれれば」と言葉に力を込めた。1月6日開幕の#atarimaeni CUPでは初戦で東洋大と対戦する。大学最後の全国大会では有終の美を飾りたい。「チームメイトと戦う最後の機会なので、仙台大初の優勝を目指したい」。大学サッカーを経て大きく成長した守護神の表情がたくましく見えた。

(取材・文 高橋アオ)

TOP