beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

遠藤航シュツットガルト、堂安ビーレフェルトはともに21年黒星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ1部の第14節が2日に行われた。日本代表DF遠藤航の所属するシュツットガルトはホームでライプツィヒと対戦し、0-1で敗れた。後半22分にMFダニ・オルモに許したゴールが決勝点になった。シュツットガルトは今季初の連敗。遠藤は開幕から14試合連続のフル出場を果たしている。

 日本代表FW堂安律の所属するビーレフェルトもホームでボルシアMGと対戦し、0-1で敗れた。堂安は5試合連続でフル出場したが、チームは今季10敗目を喫した。

●海外組ガイド●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP