beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[NEW BALANCE CUP]静岡学園が「しつこく」攻めて2年ぶりV!“裏選手権V”→選手権Vの再現へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡学園高が「2021 NEW BALANCE CUP」を制した

[1.6 NEW BALANCE CUP決勝 帝京高 0-2 静岡学園高 時之栖裾野G]

 “裏選手権”は静学が制す――。「2021 NEW BALANCE CUP」(通称:裏選手権)は6日午後、決勝を行い、静岡学園高(静岡)が2年ぶりの優勝を飾った。帝京高(東京)と対戦した静岡学園は、MF川谷凪(2年)とMF松永颯汰(2年)のゴールによって2-0で勝利。参加28校の頂点に立った。

 静岡学園は前半5分、右SB栗山諒(2年)からMF小泉龍之介(2年)、MF菊池柊哉(2年)の両ボランチを経由して左SB野村海翔(2年)まで展開。そこから仕掛けにかかると、最後はMF古川陽介(2年)がカットインしながら上げたクロスを中央の川谷が頭でゴールへ突き刺した。

 その後もFW持山匡佑(2年)、松永、古川、川谷のアタッカー陣や中盤、SBの選手たちが次々とドリブルで仕掛け、同サイドからしつこく攻めて帝京の守りをこじ開けようとする。

 帝京はGK岸本悠将(2年)が至近距離からのヘディングシュートをストップするなど、ファインセーブを連発。先発11人が2年生の静岡学園に対し、1年生7人が先発した帝京は相手の個々の技術力の高さに苦戦しながらも、MF押川優希(1年)をはじめ各選手の球際の強度が高く、また連係して穴を塞ぐなど食い下がっていた。

 それでも、指揮を執った齊藤興龍コーチが「今年の味がある。(それは)ゴールに対しての貪欲さ。テクニカルな部分をゴールに結びつける。『しつこいくらい』ゴールに迫っていく」と評する静岡学園は前半37分、帝京ゴールをこじ開ける。

 CB三宅優翔(2年)、GK生島健太郎(2年)を交えてビルドアップ。そして大型CB伊東進之輔(2年)の縦パスを持山が収めて左からクロスを入れる。これはDFにクリアされたが、セカンドボールを古川が拾って繋ぐと、ドリブルで仕掛けた松永がこぼれ球を拾って強引なターンから右足シュートをゴール左へ叩き込んだ。

 帝京は静岡学園の切り替え速い守備の前になかなか攻撃機会を増やすことができなかったが、それでも幾度か相手の守りを剥がして前進。2列目のMF福地亮介(2年)が前を向いて仕掛けるシーンがあったほか、U-15日本代表候補FW齊藤慈斗(1年)が相手の背後を狙い続けていた。

 静岡学園は後半も立ち上がりに左サイドを切れ込んだ野村のラストパスから持山の放った1タッチシュートがクロスバーを直撃。直後にもMF玄理吾(2年)、持山が絡んでの崩しから川谷が決定的なシュートへ持ち込む。その後も、ボランチの菊池、玄のところでボールを奪い切ってしまう静岡学園がボールを支配し、個人技で攻めるシーンが続いた。

 だが、帝京は前半に続いて後半もGK岸本が好守連発。後半は攻守に良い形が増えた帝京は、20分に福地のパスからMF狩野隆有(2年)が入れた右クロスをMF木田悠都(1年)がニアで合わせる。また39分には敵陣で相手のクリアを拾った狩野の右クロスからファーでフリーの左WB藤崎巧士(1年)が決定的な左足シュート。だが、枠を捉えず、2-0で静岡学園が勝利した。

 静岡学園は内容にこだわりながら結果も勝ち取った。齊藤コーチは「(NEW BALANCE CUPで)良い相手とやれて自分たちの基準を作れた」とコメント。また、「(この大会では選手に対して)“表”では(全国高校)選手権がやっているからね、(彼らはどんなに)疲れていても、次の試合に向けて準備しているからね、と意識させることができるんです」。“裏選手権”の良さの一つは、同時期開催の全国高校選手権を意識しながら、連戦を戦うことができるところ。静岡学園の選手たちも目の前の試合に全力を注ぐこと、次の試合を見据えて万全の準備をすることの大切さを連戦の中で学んだ。

 静岡学園は2年前の“裏選手権”で優勝。翌冬の全国高校選手権でも優勝している。伊東は「100回大会の選手権でもう一回優勝したい」。決勝を欠場したU-17日本代表MF清水和馬(2年)や下級生たちを交えた競争でさらにレベルアップし、1年後は“表”の選手権で日本一を掴み取る。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP