beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ルヴァン杯決勝の来場者1名に陽性判定

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグは10日、今月4日に開催されたルヴァンカップ決勝で、来場者1名が新型コロナウイルス検査で陽性判定を受けたことを発表した。保健所によると、当該試合での濃厚接触の指定はないという。

 FC東京が制したルヴァン杯決勝は1月4日の午後2時35分に国立競技場で開催。来場者は24219人で、該当者の観戦エリアはバックスタンド一層目南側のカテゴリー2の126ブロックだという。

 Jリーグ公式サイトでは、今回の発覚経緯を報告。該当者はスタジアム入場時の検温で異常はなく、スタジアム内でもマスクを着用しており、会話や発声はなかった。観戦ののちに発熱と体調不良で医療機関を受診し、陽性判定を受けた。該当者がクラブの問い合わせフォームを通じてJリーグに連絡したという。

 今回の事案を受け、国立競技場は消毒作業を完了済み。Jリーグは、「万が一、体調不良などがある場合は、お住まいの最寄りの保健所にご相談をお願いいたします」と伝えている。

●ルヴァン杯2020特設ページ

TOP