beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

札幌に激震…ペトロヴィッチ監督が左大腿骨骨折、杉浦コーチ兼通訳が甲状腺乳頭がんで手術

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌がペトロヴィッチ監督と杉浦コーチ兼通訳の手術を発表

 北海道コンサドーレ札幌は16日、オーストリアに帰国中のペトロヴィッチ監督が現地時間2日に転倒して左大腿骨骨折の怪我を負い、同日に同国内の病院で手術を受けたことを発表した。

 手術は無事に終了し、現在は入院中。チーム合流日は未定となっている。18日からスタートする沖縄での一次キャンプについては、ペトロヴィッチ監督不在の期間は四方田修平コーチを中心にチーム活動を進めていくという。

 また、札幌は同日、杉浦大輔コーチ兼通訳が甲状腺乳頭がんと診断され、手術を行ったことも報告。手術は無事に終了し、チームには沖縄キャンプ途中から合流する予定としている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP