beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ゲキサカ×高校選抜候補]山梨学院DF一瀬大寿(3年)「悔しさが2回戦から自分の力を発揮する要因になった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨学院高の最終ラインで圧倒的な高さを発揮したCB一瀬大寿。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 日本高校選抜が、1月22日から25日まで選考合宿を行った。選考合宿には第99回全国高校サッカー選手権の優秀選手から30名が参加。練習試合や3チームに分かれての巴戦などを実施し、23名の日本高校選抜メンバー入りを争った。日本高校選抜はこの後、「NEXT GENERATION MATCH」(2月)などに出場する予定。ゲキサカは21年の日本高校選抜をサポートするニューバランスと高校サッカー年鑑の協力で選考合宿参加選手にアンケート取材を実施した。

 CB一瀬大寿(3年、山梨学院大進学予定)は、187cmの長身を活かしたヘッドを駆使して山梨学院高(山梨)の最終ラインに君臨。対戦相手の攻撃を跳ね返し続け、準決勝では貴重なゴールも決めるなど優勝に大きく貢献した。選考合宿でもヘディングの強さやロングフィードといった強みを発揮していた一瀬が、選手権の感想や選考合宿で感じたこと、21年の目標などについてコメントした。

以下、一瀬コメント
―高校サッカー選手権(個人、チームとして)の感想を教えて下さい。
「個人としては初戦で足を攣ってしまって交代し、代わりに出た選手が結果を出して、その悔しさが2回戦から自分の力を発揮する要因になったことは良かったです。空中戦の部分では攻守においてチームの勝利に貢献できたと思う。またチームとしては、チーム全員での堅い守備、少ないチャンスからの得点ができたことが良かったです。そして、何より優勝できたことを嬉しく思います」

―日本高校選抜の合宿で感じたことを教えて下さい。
「個で特徴のある選手ばかりでとてもレベルが高いと思います。そして、ボールスピードだけでなく、判断のスピードなどの速さもすごく感じます。自分の強みをどれだけ上手に出すかがとても大事だと感じさせられました」

―自分自身の現状の武器・課題をどのように変えていきたいですか?
「自分の強みはヘディングとロングフィードだと思っていますが、そこもまだ足りていない部分があるので、その2つの強みをさらに伸ばしていきたいです。そして、課題はアジリティ能力だと思うので、自分の思うように身体を動かせる体づくりをしたい」

―負けたくないライバルは誰ですか?
板倉健太(山梨学院)と藤原優大(青森山田)です」

―普段履いているスパイクとその理由を教えて下さい。
「コパ 20.1(アディダス)です。フィット感が良くて、ポイントが刺さりやすいし、キックが蹴りやすいからです」

―2021年の目標を教えて下さい。
「大学で1年目から試合にスタメンで出ること。ビルドアップ能力、アジリティ能力の向上!!」

(取材協力=ニューバランス、高校サッカー年鑑)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP