beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

MF藤本寛也が移籍後初得点!! 今季無敗の首位S・リスボンゴールをこじ開ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

移籍後初ゴールを奪ったMF藤本寛也が仲間の祝福を受ける

 ポルトガル・リーグは9日に第18節を行い、MF藤本寛也が所属するジル・ビセンテが首位S・リスボンをホームに迎えた。

 昨夏、東京Vからジル・ビセンテに期限付き移籍で加入した藤本は10月3日の第3節サンタクララ戦で新天地デビュー。その後は思うように出場機会を得られなかったものの、2月2日の第16節パソス・デ・フェレイラ戦でリーグ戦初アシストを記録すると、第17節ボアビスタ戦ではリーグ戦3度目となる先発出場の機会を得る。

 自身最長となる75分間の出場を果たし、続くS・リスボン戦でもスターティングメンバ―に名を連ねると、待望の瞬間が訪れる。前半36分、左サイドから送られたクロスにフリーで走り込むと、滑り込みながら合わせた左足ボレーでネットを揺らし、先制点を記録した。

 藤本の移籍後初ゴールで先制したジル・ビセンテだったが、後半38分と同アディショナルタイムに失点して、今季無敗の首位チームに1-2の逆転負けを喫した。なお、藤本は後半26分にピッチを後にしている。

●海外組ガイド

TOP