beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

元Jリーグベストイレブン古橋達弥氏のセカンドキャリアが決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役時代の古橋達弥

 Honda FC(JFL)は10日、昨季限りで現役を引退した古橋達弥氏(40)がHonda FC U-18のコーチに就任することを発表した。

 磐田東高出身の古橋氏は1999年に本田技研工業サッカー部(現Honda FC)へ入団。ストライカーとしてゴールを量産し、2004年シーズン途中にC大阪へ完全移籍した。加入1年目から主力としてプレーし、翌2005年シーズンは最終節までJ1優勝争いを演じたチームをけん引。リーグ制覇こそ逃したが、自身はJリーグベストイレブンを受賞した。その後、2009年に山形、2012年に湘南へ完全移籍。2014年から古巣Honda FCに復帰し、2020年11月27日に同シーズン限りでの現役引退が発表された。

 古橋氏は同日に自身のツイッター(@FuruTeam)を更新。「指導者としては初心者ですが精一杯頑張っていきます」と、セカンドキャリアへの意気込みを語った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP